おおぜいの自主監査

 報告一覧

「生活クラブ千葉」による「米粉のロールケーキプレーン」の監査

監査実施日:2017/9/4

監査者 生活クラブ千葉
市原ブロック運営委員会
監査参加人数 8人
監査対象生産者 (株)丸きんまんじゅう 監査対象消費材 米粉のロールケーキプレーン

監査した主な内容

  • ・原材料の確認
  • ・製造工程の確認

主に以下のことが確認できました(概要)

●企画書について

  • ・製品特徴に「水飴を使用しています」とあったが、対象消費材には水飴は原材料として使用されておらず、記載間違いであることを確認した。
  • ・原材料の「殺菌凍結全卵」「凍結殺菌加糖20%卵黄」の殺菌方法を確認した。規格書に追記することを確認した。
  • ・生活クラブ指定原材料の鶏卵が不足した場合や緊急時に使用するイフジ産業の鶏卵について、製造管理・製品品質を考慮して選定されていることを確認した。なお、監査対象消費材にイフジ産業の鶏卵を使用したことはない。

●自主基準登録について

  • ・原材料の上白糖を国産ビートグラニュー糖に変更することは可能であることを確認した。他製品に使用している「北海道糖業」のグラニュー糖は、数千軒の農家からJAが集荷したものになるので生産者まで特定することは不可能だが、消費材の価格を上げずに製造することができる。生活クラブの提携生産者のビートグラニュー糖を使用すると、価格を上げることになる。国産ビートグラニュー糖に変更することで国産原料80%以上となる。他の変更検討事項との優先順位等を調整しながら、今後取り組んで行くことを確認した。
  • ・製造ラインの洗浄・製造ライン入室前や事務所内での手洗いに合成洗剤でなくせっけんを使用することについて微生物生育検査等で検討を行ったが、食中毒や感染症蔓延防止を徹底することを最優先する上で、現時点でせっけんへの切り替えは難しいことを確認した。
  • ・防虫防鼠施工業者が使用する殺虫剤にPRTR法に該当する薬剤が含まれることを確認した。田畑に囲まれた環境ということもあって特定の虫が大発生する時期もあり、毎月虫の発生状況を調査しながら最低限の薬剤の使用に抑えていることを確認した。

監査意見・感想など(概要)

  • ・原材料の上白糖を国産ビートグラニュー糖に変更可能との回答を頂き、国産原料80%になることが素晴らしいと思います。是非変更に取り組んで頂きたいです。
  • ・機械洗浄や手洗いにおける石けんの導入について様々に検討されており、微生物検査の結果写真も見せて頂き、現状ではまだ導入に至っていない理由を確認できました。石けんの使用について前向きに検討してくださっている姿勢が感じられ、ありがたく思いました。
  • ・異物混入やコンタミネーションを防ぐための工夫(計量用の赤い袋、目視、動線管理など)を徹底して行われていることを確認できました。
  • ・全体を通して、家庭でロールケーキを作る時と同じような工程で作られており、また、添加物を使わずに安全で美味しく作る工夫をされており、材の品質の良さを確認できました。
  • ・組合員の要望を理解し、できる限り応えようとされている姿勢を感じ、素晴らしいと思いました。お忙しい中、貴重なお時間を監査に割いて頂きありがとうございました。監査させて頂いて学んだことを、秋のつどいや地域集会で組合員に伝え、利用につながるよう活動して行きます。

ページの先頭に戻る