自主管理監査制度

生活クラブでは、「安全・健康・環境」生活クラブ10原則に基づいて、提携生産者、組合員のおたがいが、自分たちで決定した「自主基準」にもとづく厳しい生産管理を行っています。

「安全・健康・環境」生活クラブ10原則

  1. 消費材の安全性の追求
  2. 食の自給力を高める
  3. 有害物質の削減
  4. 自然資源の持続可能な使用
  5. ごみの削減とリユース
  6. エネルギーの削減
  7. リスクの低減
  8. 情報の開示
  9. 自主管理と監査
  10. おおぜいの参加

生産者は「自主基準」にもとづき情報を公開

生活クラブでは、「安全・健康・環境」生活クラブ10原則に基づき、農業・漁業・畜産・加工食品・生活用品・容器包装など、分野ごとに組合員と提携生産者と話し合い、それぞれの消費材について独自の自主基準を定めています。

提携生産者は「自主基準」に基づく情報公開を行ないます。さらに、組合員と提携生産者による「自主管理委員会」が基準への到達度合を点検し、さらに高い水準へと基準を改定していきます。

組合員は生産現場の製造環境や製造工程をチェック

一方、組合員による「自主監査委員会」のもとで、組合員は「おおぜいの自主監査」を行ないます。これは組合員自らが生産現場を確かめるという、生活クラブならではのユニークな活動です。

生活クラブの自主管理監査制度が、他の一般的な品質管理基準や環境基準、それらの認証制度と異なる特徴は、提携生産者が「生活クラブ原則」に賛同してこの制度に参加し、組合員とともに消費材のレベルアップを目指すという点です。