新着記事

あっ!!できたっ 料理術

第1回 新機軸・魚柄仁之助 魚料理は得意技

写真・文/魚柄仁之助

2018年7月15日

「近頃のヒトは焼魚をしなくなったねぇ~」とご年配の料理研究家さんたちはおっしゃる。 昭和の料理本に書かれた「焼魚の仕方」って、 魚の切り身に串を打って塩を振り、遠目の強火で皮目からじっくり焼く。 これは炭火を使う場合の「焼き方」です。 今日のようなガスや電気、…

WEBオリジナルレポート

自給率100%の飲用牛乳に赤信号 日本の酪農守るには

東京大学大学院農業生命科学研究科教授・鈴木宣弘さん

2018年7月15日

酪農家の廃業が相次ぎ、今夏にも小売店で販売されている牛乳が品薄になる恐れが出てきました。その背景には乳価を安定させ、個々の酪農家の利益を守るために機能してきた指定生乳生産者団体(指定団体)による「共販制度」の見直しと乳製品の輸入自由化があるといいます。(詳細は…

これに賭ける!

千葉の酪農家と牛乳工場がつくる、とびきりのアイスクリーム

牛乳、乳製品/新生酪農株式会社(千葉工場)

2018年7月号

新生酪農は、日本で初めて消費者が出資して建設した牛乳工場。1978年に生活クラブ生協が酪農家と共同して作った。千葉工場では、パスチャライズド牛乳の原料と同じ牛乳を原料として、ミルクの風味が生きたアイスクリーム類が作られる。酪農家の日々の努力がこれを支える。

生活クラブの挑戦ー手づくりの「地域福祉」を目指して

王隠堂農園─農業と福祉がつくる 地域の未来

2018年7月号

働くことに悩みを抱える若者がいる一方、農業従事者は年々減少している。生活クラブ連合会(東京都新宿区)の提携生産者、王隠堂農園の専務取締役である和田宗隆さんは、「農業には多様な人が働く場所がある」として、障害者や仕事に就けない若者の就労支援を積極的に進めている。