2018年6月号 紙面紹介

◆今号の特集
教育改革のゆくえ

学校教育が今、大きく変わろうとしている。中でも気になるのが道徳の教科化だ。小学校ではこの4月からすでに授業が始まっている。どういう流れの中で始まり、どこに向かおうとしているのか。

●学校教育はどこに向かうのか
2020年から新しく実施される「新学習指導要領」への移行措置が始まった。この教育改革は何をめざすのか。道徳教育はそれにどう位置づくのか。

●道徳の教科化がめざすもの 山積する課題と懸念
道徳が教科になった背景には何があるのだろうか。昨年加計学園獣医学部新設への首相官邸の関与などについて証言した、文部科学省の前事務次官、前川喜平さんは、長年、教育行政の現場に携わってきた立場から、その政治的背景に警鐘をならず。

●教育現場で進む効率化、多様な思考を持ち続けるために
新たな教育改革が始まった。本紙に「学校てんやわんや」を連載中の現役小学校教員、岡崎勝さんは、新自由主義の考えが教育現場に浸透してきていると懸念する。保護者や社会はこれにどう向き合っていけばいいのか。

関連連載記事

新潮流 にんげん模様
「移動式子ども基地」から「遊び場という学校」へ
神奈川県相模原市 NPO法人「コドモ・ワカモノまちing」
どう思う?どうしてる? 「道徳教育」
時のかたち
18歳未満の「あなた」に必要な空間をつくる
サロン18禁 未来食堂
●連載 生活と自治・全国キャラバン「まちと暮らしカフェ」第6回
子育ての悩み、話そう――不登校や発達障害、うちの子、なんかヘン?
石川憲彦さんを囲んで-

インタビュー

Myオピニオン 仁藤夢乃さん一般社国法人「Colabo」代表②
私たちは「買われた」―児童買春の真実

グラビア

にびいろの景 「ごみの島」誤って済むのか……(香川県土庄町 豊島)
琉球の人々 重要文化財「琉球舞踊」の保持者 玉城節子さん

そのほか連載記事

●生活クラブの挑戦手作りの地域福祉を目指して
貧困問題解決への第一歩。生協と労働福祉団体の連携でフードバンクを設立
●調べてみました! 生活Q&A 
マイクロプラスチックの海洋汚染って何?
●生活クラブ夢の素描
協同組合の価値がつなぐ国家を超えた市民の交流
●これに賭ける
梅と柿の里、西吉野で新たな挑戦   梅、柿、梅ぼし 王隠堂農園
●おいしく楽しく食養生
梅雨時の食養生 梅雨時の薬膳
●そこが知りたい暮らしとエネルギー
電力会社を選べるようになったと聞きますが、まだどうしたらいいかわかりません。

連載エッセイ

枝元なほみ  エダモンとティータイム
岡崎勝    学校てんやわんや
アズマカナコ 子育てエコライフ
辺見庸    新反時代のパンセ
秋山豊寛   三重の深山から
墨 威宏   数字を読む
田口ランディ 暮らしの味わい
魚柄仁之助  オートメ依存症脱出宣言
森達也    停止しない思考
藤原新也   日々の一滴

★目次にリンクのついている記事は、ウェブでお読みいただけます。

★『生活と自治』は毎月1回1日発行です。生活クラブ組合員の購読者には配達便またはデポー(店舗)店頭でお届けします。

★生活クラブ組合員でない方もご購読いただけます。購読申し込みはこちらのページへ。

★紙面紹介 バックナンバーの紹介はこちら 2017年 2018年

【2018年6月15日】