本の花束 : 記事一覧

「本の花束」2017年2月4回(1707週)

      表紙インタビューは、NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク理事長の栗林知絵子さんです。    地域の子どもと人がつながる「子ども食堂」始めませんか。  地域の子どもを中心とした人 … 続きを読む

「本の花束」2017年1月4回(1703週)

       表紙は、<本選びの会>研修会報告です。   <本選びの会>では、組合員にとってより有益な本を選ぶため、見識を広げて生活者の視点を深めようと研修会を   行っています。 2016年度は『地球の食卓』の著者、ピ … 続きを読む

「本の花束」2016年12月3回(1651週)

     表紙インタビューは、文筆家の清野恵理子さんです。     本を開くとそこには四季折々の美しくどこか懐かしい情景が、きもののキャンパスに広がります。   写真と響き合う文章が織りなす世界に誘わ … 続きを読む

「本の花束」2016年11月4回(1647週)

     表紙インタビューは、写真家・ペーパー作家の今森光彦さんです。    今森光彦さんのフィールドの中心は滋賀県琵琶湖の西側、町の隣にある農村。人が手をかけて育んできた田園には  生き物がいっぱい … 続きを読む

「本の花束」2016年9月4回(1639週)

      表紙インタビューは、作家・詩人・パンク歌手の町田康さんです。  池澤夏樹さん編集による人気の日本文学全集。その中の一作、町田康さんが訳した13世紀の説話集『宇治拾遺物語』が  抱腹絶倒の面白さと話題です。まる … 続きを読む

「本の花束」2016年8月5回(1635週)

  表紙は、特集1「わたしのこの一冊」。 <本選びの会>のメンバーが出会ったロングセラー本を企画します。自身にとっても思い出深く、 次の世代にも手渡したい本をお届けします(表紙と8頁に掲載します)。  <表紙> … 続きを読む

「本の花束」2016年7月4回(1630週)

     多くの人が多忙な日々を送る昨今、料理にかける時間が減ってきているそう。今や料理は非効率?表紙掲載の本  「人間は料理をする」は著者の実践と研究で料理の意義を掘り下げ、失われつつある私たちと料理の関係を … 続きを読む

「本の花束」2016年6月5回(1626週)

 今号からデザインを新しくし、文字を大きく、読みやすくしました!        表紙インタビューは、写真家の田中康弘さんです。   今や稀少な存在となった、山の狩猟者(マタギ)を取材していきた写真家の … 続きを読む

「本の花束」2016年6月1回(1622週)

   表紙は、特集1「図鑑」って、美しく、楽しい。   図鑑は図と詳細な解説で私たちの疑問を解き、さらに深い興味・関心を抱くきっかけを与えてくれるもの。   数多の図鑑が出版されていますが、今回は特に眺めて美し … 続きを読む

「本の花束」2016年5月1回(1618週)

   今月の表紙インタビューは、詩人で社会学者の水無田気流(みなしたきりう)さんです。   『「居場所のない男、「時間」がない女』(日本経済新聞出版社)は、水無田気流さんが現代社会における男と女   それぞれの … 続きを読む

1 / 512345