「本の花束」2016年12月3回(1651週)

 1651(118.118)

 

 表紙インタビューは、文筆家の清野恵理子さんです

 

  本を開くとそこには四季折々の美しくどこか懐かしい情景が、きもののキャンパスに広がります。

  写真と響き合う文章が織りなす世界に誘われ、ずっと読んでいたくなる、宝物のようなきもの歳時記です。

   <表紙掲載本> 『折にふれて きものの四季』 (清野恵理子 著 浅井佳代子 写真/文化出版局)

   <清野恵理子さんお薦めの本> 『十皿の料理』 (斉須政雄 著/朝日出版社)

 

 特集1 イラストで楽しむ旅行案内

  旅する人ならではの気持ちや視点が伝わってくる、よみものとしても楽しい旅の本を紹介します。

 

 特集2 英国

  今年、EU(欧州連合)離脱が話題になった英国ですが、子どもの本は今も昔も魅力的なものがたくさんあります。

  大人の方もどうぞ!

 

 特集3 健康・美容が気になったときに

  寒い季節、身体の不調を訴える方が増えるといいます。ちょっとした不調を和らげるヒントになる本を紹介します。

 

 特集4 手仕事の驚異

  親から子、師から弟子へ脈々と伝えられた手仕事による芸術品の数々・・・。

  人間とその手仕事の無限の可能性を伝えてくれる本を紹介します。

 

 特集5 からだのことを学んでみよう

  いのちの誕生や病気のこと、子どもにどんなふうに伝えるか迷いますね。そんなときに役立つ本を紹介します。

 

 <子どもの文化を育む本>

   ・『ロベルトの手紙』 (マリー・ホール・エッツ 作 こみやゆう 訳/好学社)

 

 <アンコール掲載本>

   ・『スーパー嫁の汗と笑いの在宅介護』 (バニラファッジ 著/主婦と生活社)

    →2014年27週号で810冊

   ・『人間は料理をする・上 火と水』 (マイケル・ポーラン 著 野中香方子 訳/NTT出版)

    →2016年7月4回(30週)号で243冊(上下巻セットでの実績)

     *下巻は次号2017年1月4回(03週)号で取り組みます。

   ・『すごい熱刺激』 (井本邦昭 著/サンマーク出版)

    →2016年9月4回(39週)号で2,180冊

 

 <生活クラブの本>

   ・『エンディングノート』 (生活クラブFPの会 監修)

 

 次回は、1月4回(1703週)号です。