「本の花束」2017年5月3回(1719週)

  1719(118.118)

 

 表紙インタビューは、手づくり調味料研究家のオザワエイコさんです。

  味噌に醤油、豆板醤など101種類もの調味料の作り方を紹介している、『だからつくる調味料』。掲載レシピの

  多さはもちろん、少量から仕込めたり、1年かけて発酵させるものがある一方、短時間でできるものがあったり、

  想像以上の魅力を伝えてくれます。

  今回はオザワエイコさんにお話を伺うと同時に、バター、七味唐辛子、ラー油、マスタードの作り方を<本選び

  の会>にレクチャーもしていただきました。その魅力もお届けいたします。

 

  <表紙掲載の本> 『だからつくる調味料』 (オザワエイコ 著/ブロンズ新社)

  <オザワエイコさんお薦めの本> 『ミツバチ絵本』 (よしだただはる 編 たかべせいいち 絵/農文協)

 

 特集1 器を愛する

  中国と国内の器の伝統や創作に関わる話から、器から着想した料理も紹介した本をお届けします。

 

 特集2 古都をたのしむ

  古の都の新旧の魅力を紹介する本をお届けします。夏・秋の旅行計画を立てるのにも役立ちます。

 

 特集3 遠野物語

  柳田國男が岩手県遠野地方に伝わる説話や怪異譚を集め著した『遠野物語』(明治43・1910年発表)。

  現代の作家の文章によみがえった3冊を紹介します。不思議な遠野の世界へ旅してみませんか。

 

 特集4 働き方あれこれ

  「働き方」の選択肢が広がるような、読みものとしても楽しめる本を紹介します。

 

 特集5 ディック・ブルーナ

  今年2月に惜しまれつつ逝去したディック・ブルーナ(1927~2017 オランダ生まれ)。

  たくさんの絵本は、今も世界中で愛されています。

 

 <子どもの文化を育む本>

   ・『プーさんとであった日』  対象:小学校中学年~

    (リンジー・マティック 文 ソフィー・ブラッコール 絵 山口文生 訳/評論社)

 <生活クラブの本>

   ・『楽しく、かしこく ビオサポ食育BOOK』 (酒井治子 監修)

 <アンコール掲載本>

   ・『カラダを痛めない古武術介護』 (岡田慎一郎 著/学研パブリッシング)

    2017年1月4回(03週)号で、626冊

   ・『5秒キープ!痛みとりストレッチ』 (宗田大 著/青春出版社)

    2016年12月1回(49週)号で、538冊

 

 <WEB数量限定企画> *お申込みには、eくらぶに登録が必要です。

 

   20170111150223-0001  ・『赤崎水曜日郵便局』 (楠本智郎(つなぎ美術館) 編著/KADOKAWA) 100冊限定

              赤崎水曜日郵便局は、熊本県南部の小さな海辺の町の廃校になった小学校を利用したアート

              プロジェクトとして開局。ここへ、自分の水曜日の物語を送ると、知らない誰かの水曜日が

              届きます。手紙を通じたちょっと不思議な一期一会。

              日常の大切さがじわりと伝わってきます。

 

次回は、6月2回(23週)号です。