「本の花束」2018年5月5回(1821週)

1821 花束 小

〈表紙/特集 丸ごと一冊宝物〉

「宝石と鉱物の大図鑑」(スミソニアン協会 監修 諏訪恭一+宮脇律郎 日本語版監修 高橋佳奈子+黒輪篤嗣 訳/日東書院本社)

「グレース・ケリー」(グレース・ケリー展 実行委員会 編/青幻舎)

「ソール・ライターのすべて」(ソール・ライター 著/青幻舎)

 

〈暮らしをひらく〉

「家庭料理のすがた」(辰巳芳子 著/文化出版局)

「人気料理家の自家製レシピ」(KADOKAWA 編/KADOKAWA)

「長生きをしたければ、「親指」で歩きなさい」(瀬戸郁保 著/学研プラス)

「世界一伸びるストレッチ」(中野ジェームス修一 著/サンマーク出版)

「優しいのに無敵」(Dr.スティーブン・トルドー 著/サンクチュアリ出版)

「お父さん、だいじょうぶ? 日記」(加瀬健太郎 著・写真/リトルモア)

「自由にたのしく年を重ねる」(石原左知子 著/SBクリエイティブ)

「ちょっと よそ行き」(中野ユカリ 著/日本ヴォーグ社)

「神谷美恵子 島の診療記録から」(神谷美恵子 著/平凡社)

「生きづらいと思ったら 親子で発達障害でした 入園編」(モンズースー 著/KADOKAWA)

「パパは脳研究者」(池谷裕二 著/クレヨンハウス)

「暮しの手帖 94号」(暮しの手帖編集部 編/暮しの手帖社)

 

〈生活クラブの本〉

「相続ワークブック」(金子秀夫 監修/創土社の本)

 

〈こどもたちのために〉

「おふねにのって」(スギヤマカナヨ 作/赤ちゃんとママ社)

「あめ」(イブ・スパング・オルセン 作 ひだにれいこ 訳/亜紀書房)

「かわいいおとうさん」(山崎ナオコーラ 文 ささめやゆき 絵/こぐま社)

「スープになりました」(彦坂有紀+もりといずみ 作/講談社)

「ジオジオのパンやさん」(岸田衿子 作 中谷千代子 絵/あかね書房)

 

〈子どもの文化を育む本〉

「もうひとつのワンダー」(R・J・パラシオ 作 中井はるの 訳/ほるぷ出版)

 

〈特集 瀬田貞二〉

「金のがちょうのほん」(レズリー・ブルック 文/絵 瀬田貞二 訳/福音館書店)

「さてさて、きょうのおはなしは……」(瀬田貞二 再話・訳 野見山響子 画/福音館書店)

 

〈いまを考える〉

「裁判所の正体」(瀬木比呂志+清水潔 著/新潮社)

「教育勅語の何が問題か」(教育史学会 編/岩波書店)

「未来の年表」(河合雅司 著/講談社)

「昔話法廷」(NHK Eテレ「昔話法廷」制作班 編 今井雅子 原作 イマセン 法律監修/金の星社)

 

〈よみものの小道〉

「日の名残り」(カズオ・イシグロ 著 土屋政雄 訳/早川書房)

「能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵」(池澤夏樹 編 岡田利規+伊藤比呂美+いとうせいこう+桜庭一樹+三浦しをん+いしいしんじ+松井今朝子 訳/河出書房新社)

「男と女の台所」(大平一枝 文・写真/平凡社)

「「ホロコーストの記憶」を歩く」(石岡史子+岡裕人 著/子どもの未来社)

「足で歩いた頃のこと」(星野富弘 著/偕成社)

「絵本 化鳥」(泉鏡花 文 中川学 絵/国書刊行会)

 

〈特集 明治維新150年〉

「明治乙女物語」(滝沢志郎 著/文藝春秋)

「図解 幕末・維新の100人」(童門冬二 監修 成美堂出版編集部 編/成美堂出版)

 

〈特集 スペイン〉

「聖地サンティアゴへ、星の巡礼路を歩く」(戸谷美津子 著/書肆侃侃房)

「物語 カタルーニャの歴史」(田澤耕 著/中央公論新社)

「わが家の本格スペイン料理」(尾花 光 著/誠文堂新光社)

「カザルス 鳥の歌」(カザルス            ソニー・ミュージックエンタテインメント)

 

〈特集 犬は人間のよきパートナー〉

「アティカス、冒険と人生をくれた犬」(トム・ライアン 著 金原瑞人 訳/集英社インターナショナル)

「子犬工場」(大岳美帆 著/WAVE出版)

 

〈特集 京都 知られざる楽しみ〉

「秘密の京都スポットガイド」(男子休日委員会 著/エクスナレッジ)

「京都、朝あるき」(ことり会 著/扶桑社)

「京の遺伝子・職人」(山本良介 著 関谷虹 写真/淡交社)

 

〈アンコール〉

「時間が貯まる 魔法の家事ノート」(三條凛花 著/扶桑社)

「JTBの鉄道地図決定版」(JTB時刻表編集部 監修/JTBパブリッシング)

「大人のためのやり直し英語練習帳」(吉田研作 監修/小学館)