本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

生活クラブ安心システム連合

住み慣れた地域での暮らしをサポートする「生活クラブ安心システム連合」
生活クラブは組合員どうしの互助に始まり、「エッコロ(生活クラブ独自の組合員どうしのたすけあい制度)」を介したたすけあいやワーカーズ・コレクティブ等の立上げ・運営によって、自分たちの暮らしや介護の問題、地域の福祉活動・事業に取り組んできました。
超高齢社会の時代に突入し、今後は医療や介護施設が絶対的に不足すると言われます。また、あらゆる世代に格差や貧困がひろがり、福祉の充実が欠かせない状況です。政府は「地域包括ケア」をキーワードに、福祉の担い手を「施設から地域へ」転換しようとしています。地域に密着して福祉に取り組んできた生活クラブに、今何ができるだろうか。その問いから生活クラブが生み出した3つの社会福祉法人が手を取り合い、新しい試みに取り組んでいます。




 

生活クラブ安心システム連合の取組み

私たちがつくってきたたすけあいのしくみを生かし、生活クラブを母体とする3つの社会福祉法
人と福祉事業に取り組んでいる会員単協・提携生産者および生活クラブ共済連で設立しました。
利用契約を結ぶ利用者の地域生活をできる限り最期までささえることを目的に、福祉や介護の基本姿勢を定め、事業所の利用者や地域市民に約束する福祉の方針です。
 
生活クラブらしい介護のあり方の研究
生活クラブ安心システム連合および生活クラブ運動グループと連携して調査・学習会等を行ない、介護のあり方・しくみの深化・豊富化を検討し、生活クラブグループのケアに独自性・先進性を付加することをすすめ、社会化をめざします。
また、人材確保や人材育成、定着率の向上等を目指します。
福祉事業に関する経営および人材育成に関する相談機能
生活クラブ安心システム連合は、介護現場での実践を通じて「生活クラブ10の基本ケア」の取組みを広めるための研修や、会員団体の福祉事業に関する相談等の支援体制づくりに取り組んでいます。

生活クラブ安心システム連合の加入団体と取り組んでいる事業

子育て支援事業(保育園等)、特別養護老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅など住まいも含めた高齢者福祉事業、障がい総合支援法および生活困窮者自立支援法にもとづく事業など地域に必要な機能を総合的に取り組んでいます。

◆生活クラブ安心システム連合に関するお問い合せは、生活クラブ共済連にご連絡ください。

「みんなでつくる福祉事業」その他の活動・とりくみ


生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。