本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

品目別検査の概要:米


 

米の放射能検査

生活クラブの自主基準値(2016)


 

取り組み状況

生活クラブ連合会では、JA庄内みどり(遊佐)の遊YOU米とササニシキオリジン、JA上伊那の上伊那アルプス米、JAなすの(黒磯)の黒磯米、JA加美よつばのささゆた香とまなむすめ、JAたきかわ(江部乙)の北海道江部乙米、JAいわて平泉の岩手一関米、JAちばみどり(旭)のちばあさひ米、岩手県産と千葉県産のブレンドまたは、岩手県産単味のもち米の取り組みがあります。
また、地域ごとの単協では、それぞれの地域で栽培しているお米(単協独自米)の取り組みがあります。
 

放射能検査の方法

週に1~3検体の検査を順番に行います。検体は、組合員と同じ注文用紙に記載して手配し、組合員と同様の物流ルートで仕分けされ届けられた消費材を受け取って検体とします。ただし、新米の時期は、収穫した玄米を生産者から直接入手して、放射能検査を実施します。
地域で独自に共同購入しているお米は、地域ごとに年間計画を立てて、地域の生活クラブから生活クラブ連合会検査室に送付されたものを検体とします。
測定は、生活クラブ連合会検査室にあるゲルマニウム半導体検出器で、2リットルの容器を使用した1時間の測定を行います。
測定感度は、セシウム合計1 Bq/kgを検出下限目標にしています。

※ここに記載されている検査方法は、2017年度検査計画での標準的な検査方法です。
検査機器の都合や外部検査機関への委託をする場合など、この方法とは違う検査方法で実施する場合があります。

 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。