本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

未来へつなげる♪エネルギーアクション! 署名フォーム

菅義偉 内閣総理大臣
梶山弘志 経済産業大臣
小泉進次郎 環境大臣
河野太郎 行政改革担当大臣
 

2030年度の再生可能エネルギー電力目標を60%以上に、
2050年度は100%を求めます

私たち生活クラブ生活協同組合は、人間が人間らしく自然と共生して持続的に生きていくために「食料」「エネルギー」「ケア」の自給ネットワークづくりをすすめ、その中のエネルギー政策においては「脱原発」「エネルギー自治」「CO2削減」を基本とし、エネルギーを「減らす・つくる・つかう」活動と事業をすすめています。2016年から自然エネルギーを中心とした「生活クラブでんき」の供給を開始し、2019年度供給電力量7,930万kWh、低圧契約件数15,834件となりました。省エネを推進する活動も全国で広がっています。また、昨年7月には生活クラブ気候危機宣言を策定し、5つの実践に取り組んでいます。
2021年3月には東日本全体が壊滅する可能性すらあった東京電力㈱福島第一原子力発電所事故から10年の節目を迎えました。事故の終息も未だ見えず、巨大なリスクを抱える原子力発電は廃止すべきです。
また、温室効果ガスを大量に排出する石炭火力発電の温存政策は、持続可能な脱炭素社会に逆行するものです。2050年カーボンニュートラルの実現の鍵は、エネルギーの効率化と共に再生可能エネルギーの大幅な拡大をいち早く進める事です。そのために、私たちは以下を要望します。

要望事項
1.2030年エネルギー基本計画で再生可能エネルギー電力目標を60%以上、2050年度は100%とすること
2.巨大なリスクを抱える原子力発電は即刻廃止し、石炭火力発電は段階的に縮小し2050年までに廃止すること
3.脱炭素社会に向けて、再生可能エネルギー主力電源化の実現にむけた推進と政策転換を早急にすすめること
未来へつなげる♪エネルギーアクション!署名フォーム ご利用にあたって
★受付期間は 2021年3月29日~2021年5月31日  6月4日です。 ※延長しました。
★フォーム送信後、ご記入のメールアドレス宛に受付メールが自動返信されます。
★受付メールの差出アドレスは「noreply@seikatsuclub.coop」です。お使いの機器で受信できるように設定してください。
★送信いただいた「氏名」「住所」を紙面に印字し提出します。
★ご署名は、ウェブフォームまたは紙面でのいずれか1回に限ります。
★このフォームで送信いただいた個人情報は、生活クラブ連合会の個人情報保護方針に準じて適切に管理いたします。ただし、使用範囲は今回の署名集約と提出の目的に限定します。一定期間経過後、生活クラブ連合会が保管した個人情報は廃棄(消去)することをお約束いたします。

以上、ご一読いただき、下のフォームに進んでください。
 ※このページはSSL暗号化通信に対応しています。

『署名フォーム ご利用にあたって』の内容にご承諾いただけたらチェックを入れてください。

必須

お名前

必須

フリガナ

必須
  • セイ

  • メイ

カタカナで入力してください

住所

必須
  • -

メールアドレス(半角英数字)

必須
署名集約の目的に限って使用いたします。

メールアドレス確認入力

個人情報保護方針(プライバシーポリシー)

必須
生活クラブ連合会の個人情報保護方針をご一読いただき、ご同意いただければチェックを入れてください。

「確認する」ボタンで確認画面に移ります。確認画面の「送信する」ボタンで送信されます。「戻る」ボタンで入力画面に戻ります。

共通フッターメニューここまで。