本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
2019参院選 政策提案運動(先頭ページ) > 《大阪》ご回答いただいた候補者一覧 > 佐々木一郎候補(労働の解放をめざす労働者党)
 
【2019参院選 政策提案運動】

《大阪》佐々木一郎候補 政策提案への回答

2019年7月の参院選に際して、エスコープ大阪は大阪県選挙区からの主な立候補予定者に政策提案と公開質問を届け、回答を依頼しました。
佐々木一郎候補(労働の解放をめざす労働者党)からは4月26日付でご回答をいただきました。政策提案の各項目への賛否と、自由記述欄にご記入いただいた回答内容をご紹介します。
【2019年7月1日】

生活クラブからの政策提案と公開質問への回答

佐々木一郎
労働の解放をめざす労働者党 大阪北支部

【提案への賛否一覧・佐々木一郎氏(労働の解放をめざす労働者党)】

(1)食の安全・安心と食品表示
農業政策の拡充を求めます。[D:その他]
種子法の目的を引き継ぐ新法の制定を求めます。[D:その他]
ゲノム編集によって作出された作物(飼料を含む)・動物の届出の義務化ならびにゲノム編集を使用したすべての食品(一次産品・加工食品)の原料表示制度の確立を求めます。 [A:賛成]

(2)エネルギー政策
2030年、2050年にむけたエネルギー基本計画を見直し、自然エネルギーによる電力の脱原発、脱炭素化を実現することを求めます。
【質問1】自然エネルギーによる電力の脱原発、脱炭素化の実現[D:その他]

【質問2】核燃料サイクル政策の放棄[A:賛成]
自然エネルギーの導入促進のために阻害になっている送電網の優先接続・優先給電を政策化することを求めます。[A:賛成]

(3)社会福祉の充実

消費税の増収分を在宅介護関連分野に重点的に充当することを求めます。[D:その他]
貧困・虐待への対策・「社会的養護下にある子」の自立支援に充てる予算を確保し、必要な施策を講じることを求めます。[A:賛成]

(4)非営利セクター支援

非営利協同セクター支援 労働者協同組合法の早期制定と非営利協同セクター支援政策を求めます。
【質問1】労働者協同組合法の早期制定[A:賛成]
【質問2】非営利協同セクター支援の具体的な政策を定めること[A:賛成]

(5)憲法・国民投票法
憲法改正のための国民投票法の改正を求めます。[A:賛成]


●政策提案への賛否(選択肢)
A:賛成 B:反対 C:態度保留 D:その他

回答:2019年4月26日付

【2019年7月1日掲載】

(1)食の安全・安心と食品表示 

農業政策の拡充を求めます

【質問】食料自給率の向上を図るため、次世代の農業者の就業への意欲と安定した農業生産や地域経済の安定につながる継続的な農業政策(飼料用米に関する助成、気象災害に対する補償、中山間地農業への支援、農産物や畜産飼料の生産に対する持続的な支援)などの制度化、恒久化などが必要と考えますが、貴候補はどうお考えでしょうか?
【回答】 D:その他

【自由記述欄】食料生産は自然条件の制約が大きく、効率的な生産を汎世界的に組織化し、その生産物の交流を盛んにすることが必要です。

小生産小経営の農業保護政策に反対します。

大規模農業生産の組織化と生産力の発展は必要でそのために財政支出を向けるべきです。

種子法の目的を引き継ぐ新法の制定を求めます。 

【質問】種子法の目的を引き継ぐ新法の制定について、貴候補の見解を教えてください。 
【回答】 D:その他

【自由記述欄】種子技術の発展を促すことは必要です。その開発技術を特許で占有するのではなく人類の共有財産とすべきです。
ゲノム編集によって作出された作物(飼料を含む)・動物の届出の義務化ならびにゲノム編集を使用したすべての食品(一次産品・加工食品)の原料表示制度の確立を求めます。

【質問】ゲノム編集技術によって作出されたすべての食品原料の予防原則にもとづく規制、表示の義務化および表示を担保するための食品のトレーサビリティ流通の確立についての貴候補の見解を教えてください。 
【回答】 A:賛成

(2)エネルギー政策 

2030年、2050年にむけたエネルギー基本計画を見直し、自然エネルギーによる電力の脱原発、脱炭素化を実現することを求めます。

【質問】貴候補は2030年、2050年にむけたエネルギー基本計画を見直し、自然エネルギーによる電力の脱原発、脱炭素化を実現することについてどのようなお考えでしょうか?
【回答】 D:その他

【自由記述欄】自然エネルギーはクリーンですが、社会の必要供給量を保証するのは困難で、その発展には限界があります。

核エネルギーの利用、例えば、よりクリーンな核融合エネルギーの開発が必要です。


【質問】貴候補の核燃料サイクル政策の放棄に対するご意見をお聞かせ下さい。 
【回答】 A:賛成
【自由記述欄】責任観念の欠如と利潤最優先によって重大事故を引き起こした日本の原発事業の即時廃止を求めます。
自然エネルギーの導入促進のために阻害になっている送電網の優先接続・優先給電を政策化することを求めます。

【質問】貴候補は自然エネルギーの導入促進のために阻害になっている送電網の優先接続・優先給電を政策化することについてどのようなお考えでしょうか?
【回答】 A:賛成
【自由記述欄】送電網の自由化という観点から賛成します。

(3)社会福祉の充実

消費税の増収分を在宅介護関連分野に重点的に充当することを求めます。

【質問】貴候補は「消費税の増収分を在宅介護関連分野に重点的に充当することを求めます。」という意見についてどうお考えでしょうか? 
【回答】 D:その他
【自由記述欄】
消費増税を前提とする政策に反対します。

介護は、一部の介護労働者に押し付けるのではなく、社会のすべての成員が、ある期間、介護を分担しあう共同支援が必要です。

貧困・虐待への対策・「社会的養護下にある子」の自立支援に充てる予算を確保し、必要な施策を講じることを求めます。 

【質問】貴候補は「貧困・虐待対策、社会的養護下の子どもの自立支援に充てる予算を確保し、必要な施策を講じることを求めます。」という意見についてどうお考えでしょうか?
【回答】 A:賛成

【自由記述欄】貧困は今の階級社会と、資本家による利益目的の生産及び働く者が日々搾取されるという生産関係から生れます。貧困対策という改良的な方法を求めるとともに、貧困を生み出す資本との闘いが必要です。

(4)非営利セクター支援

非営利協同セクター支援 労働者協同組合法の早期制定と非営利協同セクター支援政策を求めます。

【質問】労働者協同組合法の早期制定について、貴候補の見解を教えてください。
【回答】 A:賛成

【自由記述欄】消費者の要望にそって消費物を生産、分配する手法の組織化は、今の社会では利潤を動機としたものになるという制約はありますが、将来の共同体社会の生産、分配につなげることができます。

【質問】同法の制定を機に、協同組合基本法のような非営利協同セクターを支援する具体的な政策を定めることについて、貴候補の見解を教えてください。
【回答】 A:賛成

【自由記述欄】同上

(5)憲法、国民投票法

憲法改正のための国民投票法の改正を求めます。

【質問】寄付金および広告放送の公平なルールづくりを内容とする国民投票法の改正について貴候補のお考えを教えてください。
【回答】 A:賛成

【自由記述欄】今の憲法は第一章が天皇となっているように国民主権に反するものです。天皇制の利用が進む危険な現在の政治状況に対するためには、九条の絶対化ではなく、第一章に国民主権と明記する等の改定が必要です。そのための国民投票改正に賛成します。

   

共通フッターメニューここまで。