本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
生協の食材宅配【生活クラブ】
国産、無添加、減農薬、
こだわりの安心食材を宅配します。
ここからサイト内共通メニューです。
トップ 〉生活クラブについて 〉理念・ビジョン

理念・ビジョン

生活宣言
(ブランド・ステイトメント)
生活することは、消費することです。

”なにを”、”どのように”消費するか、という選択は、そのまま、「どんな未来にしたいか」「次の世代へ何を手渡したいか」へとつながっていきます。

私たちは、自然と共生し、食べ物(Food)エネルギー(Energy)福祉(Care)をできる限り自給・循環させる「サステイナブル(持続可能)な生き方」を選びます。

いまを生きるいのちと次世代のいのちを、おなじように大切に考えて、すべての活動を行います。

”つながるローカルSDGs”へ

つながるローカルSDGs
 
つくる、つかう、食べる、手渡す。 つながるローカルSDGs
たとえ、ひとりの手は小さくても。 想いを分かちあう仲間がいれば、何かが生まれる、何かが動く。
安心できる食の国内生産を持続可能なものに。 再生可能エネルギーをもっと身近なものに。 誰ひとり取り残さない社会を実現するために。
意志ある生産者と消費者が手を組み、 循環と共生の輪を広げていく。地域や世代をこえ、 未来のいのちへ続いていく。 新しい仕組みづくり、私たちと一緒にはじめませんか。

生活クラブ2030行動宣言

生活クラブ2030行動宣言

▲詳しくはこちらから

 
「生活クラブ2030行動宣言」は、SDGsの理念に通じ、かつSDGsに留まらない生活クラブの取組みの中から、さらに推進すべきことをまとめた宣言です。
11の重要目標を掲げ、サステイナブルな未来の実現をめざしています。

その取組みの一つひとつは、生活クラブにかかわるすべての人々の行動原則である「10のThink&Act」に基づいています。

SDGs とは

SDGs
 
世界では、格差と貧困、人口増加、生態系を維持できないほどの大量生産と消費、気候危機など、さまざまな問題が立ちはだかっています。SDGs(エス・ディー・ジーズ)は、これらの問題を2030年までに解決することをめざした、世界共通の目標です。

先進国も途上国も区別なく、「誰一人取り残さない」という理念のもと、一人ひとりが自分ごととして捉え、行動することが求められています。
 

10の Think & Act

10の Think & Act
 
「10の Think & Act」は、生活クラブのブランド戦略や「FEC自給ネットワーク構想*」を踏まえ、生活クラブ原則「安全・健康・環境」をベースにして作りあげた、生活クラブにかかわるすべての人びとの行動原則です。

*FEC自給ネットワーク構想… F:食料、E:エネルギー、C:ケアの略。故 内橋克人氏(評論家、旧2012国際協同組合年全国実行委員会・委員長)が提唱。

生活クラブ 気候危機宣言

生活クラブ 気候危機宣言 5つの実践にとりくみます
 
地球の気候が危機的な状態にあることを多くの方々と広く共有し、サステイナブルな社会の実現をめざすことを目的に、2020年7月「生活クラブ気候危機宣言」を策定しました。

本宣言により、5つの実践に全力で取り組むことを約束します。

生活クラブの消費材・環境・福祉の原則

生活クラブの原則
 
生活クラブでは消費材・環境・福祉の分野それぞれの原則を定めています。

生活クラブの消費材10原則
生活クラブのエネルギー7原則
生活クラブの福祉・たすけあい8原則

もくじ
 

生活クラブのブランドムービー

画像をクリックしてごらんください(約3分、音楽付き。ダイジェスト編は約40秒)。

【ダイジェスト編】生活クラブが大切にしていること
【Food編】
【Energy編】
【Care編】

もくじ
 


 

生活クラブをはじめませんか?

42万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。