本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

生活クラブ 健康な食デザイン「ビオサポ」から“見える”ミールキット『野菜を食べる餃子鍋』が新登場!

生活クラブ生協連合会(本部:東京都新宿区、以下生活クラブ)は、2017年12月より、生活クラブが提唱する健康な食デザイン「ビオサポ」から“見える”ミールキット『野菜を食べる餃子鍋』の共同購入を開始いたします。

ビオサポ食材セット=”見えるミールキット”とは

ビオサポ食材セットは、生産者までもが見える国産野菜のみを使用し、また加工食品は原材料が見える、確かな素材を使っています。お子さんからお年寄りまで安心して食べられる、手軽に本格メニューができあがる“魅せる”ミールキットであると共に、中身も確かな素材を使用した、まさに”見える”ミールキットです。

1回で使い切れる量のカット野菜と肉類・調味料にレシピがついており、材料を合わせて炒める・煮るなど10分から15分ほどの調理時間で2~3人分のメインディッシュができあがります。野菜が多めで栄養面も安心。国産素材中心で化学調味料を使わない生活クラブの安心食材のメニューが短時間で準備できます。毎週8品目をそろえ、週ごとに組み合わせを変えてカタログに登場します。

国産野菜や生産者が見える加工品を中心とした安心素材

今回、新しくラインナップに加わったのは、鍋メニュー 『野菜を食べる餃子鍋』です。国産のカット野菜5種類と、平田牧場の豚肉を使用した餃子が10個に、スープが入ったミールキットです。お鍋一つで、たった15分で作れるため、料理が苦手な方や忙しいワーキングママにぴったりです。また、食材を余らせずに賢く調理したい方々にも最適です。栄養面でも野菜のビタミンや食物繊維とお肉のたんぱく質を一度に摂取でき、しょうがの入った餃子が身体を中からじんわり温めるので、これからの寒い季節におすすめのメニューです。

話題の動画映え鍋も!魅せるアレンジも楽しめる自由度の高い鍋

さらに今シーズンの鍋トレンドはインスタ映えの次をいく、「動画映え鍋」ともいわれます。『野菜を食べる餃子鍋』は、餃子がスープにとけて見た目と食感が変化する様子をお楽しみいただけます。また、ベースのあっさりとした白湯仕立てのスープにお好みで、とろ~りチーズや、大根おろしアートなど、今年ならではのアレンジをプラスし、その変化を視覚的にもお楽しみいただけます。

生活クラブは、今後も確かな素材の安心・安全な「食」をお届けするとともに、健康な食の知識・食べ方を広くご提案。健康な食のデザイン=ビオサポの理念を中心に、未来の食の安心へとつなぐ「サステイナブル(持続可能)なくらし」の取り組みを、より幅広く、さまざまな方向から提案してまいります。

◇お召し上がり方
①鍋に水600ccと添付のスープを入れ加熱する。
②沸いてきたら、水菜、長ねぎ以外の野菜を加え煮る。
③野菜に火が通ったら、餃子、長ねぎを加え煮て(中火で約3分)、最後に水菜を加えさっと火を通す。

 ◇「野菜を食べる餃子鍋」概要
品名:野菜を食べる餃子鍋
取扱開始日: 2017年12月より
内  容  量: 鍋具材430g (キャベツ200g、ぶなしめじ80g、水菜70g、長ねぎ50g、人参30g)餃  子160g(16g×10個)スープ 60g  (白湯スープ)
栄養素:動物性たんぱく質、カロテン、食物繊維、ビタミンC
価格: 844円(税抜き)
提携生産者: 生活クラブ・スピリッツ(株)
※北海道・関西エリア・生活クラブデポー(店舗)を除く企画です。

◇ 『野菜を食べる餃子鍋』食べる時のワンポイント!
(生活クラブ 「健康な食」推進課 國井咲子監修)
肉と野菜がたっぷり摂れて、1食でもバランスが良い鍋はこの時期におすすめ。
ただし、鍋料理は汁もたくさん飲むので、塩分が高めです。
そんなときは、りんごがおすすめ。りんごに含まれる豊富なカリウムが、
摂りすぎた塩分を体外に出してくれます。

◇ビオサポについて
「ビオサポ」とは、生命を意味する「BIO」と「美を」を掛け、生命力にあふれた健康な食生活をサポートしていく、という生活クラブの造語です。「食べ物半分×食べ方半分」をテーマに、食べ物と食べ方の両方を知ってくらしに活かそうという理念のもと、より良い食材、栄養バランスや楽しい献立・レシピなどを、定期的にカタログや公式ホームページ上にてご紹介しております。
【2017年12月1日掲載】
 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。