本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

第19回 新機軸・魚柄仁之助 味噌汁から朝汁に


朝食がパンでもいい。ごはんでもいい。
いや、パスタであってもかまわない。
その代わり…と言っちゃなんだが、
野菜ゴロゴロの「朝汁」をつけてくださいまし。
あさじる?ナニそれ・・・?



目的は単純明快!
たっぷりの野菜とタンパク質を
朝だから美味しく食べよう
ということです。

とかく「日本人はごはんと味噌汁…」と
言われがちですが、にこだわることはない。
ボルシチだって、シチューだって
野菜とタンパク質たっぷり汁でしょ?
パンに合う汁、ごはんに合う汁、
それが 朝汁 なんです。

  朝汁の作り方

まずはお鍋に必要なだけの水を入れます
  入れる「具材」の第1弾がこちら
・出汁が出るもの 
・煮るのに時間がかかるもの
たとえば、この写真
時計回りに説明しますと・・・
12時のところにあるのが昆布、11時が煮干し、
1時が干し椎茸ですね
3時が人参、5時がジャガイモ、7時がダイコンで、
9時30分?がサツマイモ、となっています
この他にもサトイモだったり、かぼちゃ、レンコンなどが
該当いたします。



これらを食べやすい大きさに切って(小さいほど早く火が通る)
煮はじめ、沸騰したら弱火で5分

  入れる具材第2弾は比較的火が通りやすい具材
 


12時の位置にあるのが、ゴーヤー、
1時が高野豆腐、
3時がスキムミルク、
5時がピーマン、
6時が板麩、
7時がチーズ、
9時がキャベツ、
11時がタマネギで、
真ん中に見えるのがカレー粉なんですな
その他に、インゲンでも、白菜でも、油揚げ、肉、ハム
などもOKです
第2弾を鍋に入れて5分も煮れば具材すべてに火が通りますから
仕上げの味付けに入ります
  
  大事なポイント❣
「え“-!味噌汁にカレー粉とかスキムミルク?」
と騒がないで‼
「みそしる」とは言っていません
これらの具材はあくまでもサンプルとして見せているだけで
この写真の具材を一度に入れる訳じゃありません
その日にあるもの、好みのものを入れればいいのです

朝汁の定番である「味噌汁」にするのでしたら
好みの味噌を溶かしてできあがりです
カレー粉+味噌…これ、結構相性がよろしい
もちろん味噌を使わず、カレー粉+塩でも、
ケチャップでも構いません
スキムミルクやチーズを使った場合には
ほとんど調味料を入れなくても
野菜の甘味だけで充分な人もいます
その日の主食がパンでしたら
パンに合うような調味料を、
ごはんだったらご飯に合うような
調味料を使えばいいのです
もし、牛乳が余っていたら水の代りに牛乳を使った
牛乳汁にしてもいいではないですか
 朝汁のポイントを整理しますとこうなります
1;出汁が出るもの
2;根菜のような重量野菜類
3;青物、葉物野菜類
4;乳製品、大豆食品、肉のような蛋白質類
これらを煮えにくいものから鍋に入れ
仕上げの味付けはその日の主食、自分の好みに合わせる。
これが朝から野菜を一度にたっぷり食べるコツでした。

では今一度、最初の写真に戻ってみてください。
普通の味噌汁と比べて、「汁が少ない」のに気がつきましたか?
これも朝汁の特徴です。
味噌汁であれ、牛乳汁であれ、味をつけるのは
「汁」=液体部分ですよね。ということは、
汁が多ければそれだけたくさんの調味料を入れなきゃ
味が薄くて美味しくない…って事になります。
しかし汁=液体が少なければ少ない調味料でも
味が付く…ということです。十分味が付いていながら
摂取する塩分は控えめに出来る。
これが汁を少なめにした朝汁のいいところなんです。

朝は味噌汁…にこだわることなく野菜たっぷりの
朝汁で一日を始めてみてはいかが?
   


「Hのやってみました!」

みなさんの朝ごはんは何でしょう。
わたしたち夫婦は、もともと朝はフルーツか、何も食べない派。
でも今は子どもがいるので、夫婦で分担して朝ごはんを作り、残りものなどを食べます。

朝の定番は、ご飯・のり巻き・うどん・パン・ホットサンドあたりです。そこにツナ、ゆで卵、納豆、豆腐、焼き魚、ソーセージ、ブロッコリー、トマトのどれかが組み合わさり、みかんとバナナで締めです。

特にソーセージ、ブロッコリーは双子の好物。前日の晩に茹でて冷蔵庫で保管しています。いい匂いがしたお湯が残ります。これ、捨てにくい。これを活用して大人用に「朝汁」ができないかしら?と実験してみました。

1回目。捨てるはずだった茹で汁に、ハムとミニトマトを加えて茹でます。最後に、牛乳をいれて色味の悪いさをカバーしてみました。
ほのかにスモークされたソーセージの香りが残る「朝汁」の完成。笑。
 反省点:二日酔いだったので写真を撮り忘れ。でも、飲み疲れた朝に最高の味でした。

2回目は、子ども用にソーセージとブロッコリーを茹でるときに、「朝汁」に入れたいと思った野菜(ジャガイモ、タマネギ)を、最初から一緒にいれて茹でました。
 反省点:途中でブロッコリーは取り出したほうがいい。ブロッコリーの色もスープの色も悪くなりました。
 


3回目。ブロッコリーを先に茹で取り出した後のお湯で、味噌汁を作りました。
子どものご飯はブロッコリー、豆腐、フレンチトースト、いちごです。
 反省点:野菜を薄切りしたので火の通りが早く、煮込みすぎ。ほろほろになってしまいました。しかし、ブロッコリーを茹でた煮汁の色の悪さを、味噌でカバーできた。

 


子どもは大好きなブロッコリーやソーセージが食べられ、大人は胃に優しい「朝汁」が飲めて一石二鳥のアイディアでした。

 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。