本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

SDGs「第一次 生活クラブ2030行動宣言」第31回通常総代会で決定

8つの重要目標から、サステイナブルな未来へ

「サステイナブルなひと、生活クラブ」をスローガンとする生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(本部:東京都新宿区、以下生活クラブ)は、SDGs達成に向けた取り組みとして「第一次 生活クラブ2030行動宣言」を6月22日に開催した第31回通常総代会で決定しました。

生活クラブでは、1965年の結成以来50年以上に渡り、食を通して“安全・健康・環境”を最大限に追求し続けてきました。2015年4月からは、「サスティナブルなひと、生活クラブ」をスローガンに掲げて、いまと次世代のいのちを同じように大切に考え、限りある資源を循環・自給させるFEC自給ネットワーク*1の実現に向けた活動を開始。その理念と活動目標は、同年9月に国連サミットで採択された持続可能な開発目標「SDGs」に通じるものです。

このたび決定した「第一次 生活クラブ2030行動宣言」では、 SDGsの理念に通ずる7つの目標と、SDGsに留まらない生活クラブ独自の目標の計8つの重要目標を掲げました。その内容は、食における国内生産の追求と公正な調達、地球生態系維持のため海や陸の環境保全と気候変動対策、貧困・孤立を見過ごさず支えあう社会をつくることなど。食、環境、福祉など、人々が豊かに生きるために必要な目標を設定しました。本宣言の実現に向けてKPIを設定し、年度ごとに評価して進捗を確認していきます。さらに公式Webサイトへの掲載やガイドブックなどを作成して大勢の理解を図り、生活クラブ組合員の他、消費材の生産者や関連会社など生活クラブに係るすべての主体とともに、2030年を目標に希望の持てる持続可能な社会作りに取り組みます。

今後は、「生活クラブがまだ取り組んでいないが、SDGsの観点から2030年に向けて取り組むべき優先順位が高い目標」について検討を進め、意志ある各地域の生活クラブ組織と共に各地域における活動についての協議と合わせて、2022年度に「第二次行動宣言」を行なう計画です。
*1:内橋克人氏(評論家)が提唱する「食(Food)」「エネルギー(Energy)」「福祉(Care)」のしくみを自分たちでつくりだす社会をめざす構想。

「第一次 生活クラブ2030行動宣言」 概要

【2020年6月23日掲載】

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。