本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

遺伝子組み換えナタネの自生調査報告会に参加 今年も433検体を調査し19検体がGM陽性反応


生活クラブは2005年から毎年、遺伝子組み換え(GM)ナタネの自生調査を実施しています。2020年度の調査結果を報告し、関係省庁と意見交換する集会が10月15日、参議院議員会館で開催されました(主催:食と農から生物多様性を考える市民ネットワーク)。多くの報告者が地元からオンラインで報告。集会はライブ配信されました。

コロナ禍のなかでも工夫して調査活動

GMナタネは、輸入して陸揚げされる港の周辺や、製油所に通じる幹線道路沿いを中心に、こぼれ落ちなどが原因で自生しています。生活クラブのこれまでの調査では、ナタネの水揚げのない八戸港や、内陸の群馬県前橋市でもGMナタネが見つり、ナタネの輸送経路以外でもGMナタネ自生の広がりが確認されたのをはじめ、名古屋港周辺では、GMナタネと他の植物との交雑も見つかりました。

2020年は、新型コロナウイルスの影響で、調査そのものができない地域があったり、少人数での調査を余儀なくされたり、調査時期を例年より遅くしたり、制約のあるなかでの調査となりました。そのような状況のなかでも、それぞれの単協が工夫して調査を行ない、18都道府県で合計433検体の菜の花を検査しました。

小樽港でGMナタネを初めて発見


 
【簡易検査の結果】グリホシネート(除草剤バスタ)陽性反応
今年の報告会で特に注目を集めたのは、GMナタネの自生が今年初めて確認された小樽港の調査でした。調査について発表した生活クラブ北海道の伊澤諒子さんは、「北海道で初めてGM自生ナタネが見つかったということで、簡易検査の結果が陽性なのか、大騒ぎになりました」と発見の状況を振り返りました。「PCR検査でもバスタ耐性の陽性反応が確認され、その後周辺で4検体採取し検査したところ、そちらでもバスタ耐性のナタネを発見。半径約250メートル範囲にまで広がっていることを確認しました」。

GM自生ナタネが見つかったことを受けて、生活クラブ北海道は、北海道農政事務所、北海道庁、小樽市に要望書を提出。「ナタネ自生の定期的モニタリング、こぼれ落ち防止の指導を要望しましたが、北海道庁は、今ある条例はあくまで北海道の農業を守る条例であり、農作物には対処することはできるが、自生ナタネには対処できないという残念な回答が返ってきました」と伊澤さん。一方で、「小樽市の産業港湾部は、要望書提出後すぐにGM自生ナタネの発見された現場まで一緒に行き現地を確認しました」。小樽市産業港湾部は、来年度の通常のパトロールの中で自生状況を調査し、必要に応じて国に協力を求め、生活クラブ北海道が調査活動をする際は一緒に見回るなど、協力を約束してくれました。
北海道農政事務所・北海道庁・小樽市へ要望書の提出
GM自生ナタネの飛散状況

「自生の原因が分からない」と青森県

バスタ耐性のナタネが見つかった八戸港の調査については、生活クラブ青森の髙村園佳さんが報告しました。「2015年に初めて、八戸港湾で採取したナタネからラウンドアップ耐性の陽性反応が出ました。2016年は、飼料工場にもっと近い場所でバスタ耐性ナタネを発見。2017年から2019年は陰性のみで、少しホッとしていましたが、今年再度、バスタ耐性ナタネが見つかりました。八戸港には、トウモロコシ、コーリャンなどの飼料工場はありますが、ナタネは取り扱っていません」。生活クラブ青森は、自生原因を知るために、八戸市の港湾河川課を通じて、青森県八戸港管理所に質問しましたが、「専門ではないので分かりかねる、との回答でした」と髙村さん。「自生原因についてはわからないままです。これからも八戸港は重点的に調査をしていきたい」と髙村さんは報告しました。

報告に続く関係省庁との意見交換で、生活クラブ北海道は農水省に対し、「農林水産省が実施している遺伝子組み換え植物実態調査を2021年度から小樽港周辺でも行い、その情報を公開してほしい。また、遺伝子組み換え作物が自生植物として地域に入ってくることを防止するために具体的な方策について示してほしい」と要望。生活クラブ青森も、港管理所、荷役業者への指導を要望しました。
見つかったバスタ耐性のナタネ
印がGMナタネ発見箇所(八戸港)
■2020年の一次検査の結果(RR:ラウンドアップ耐性、LL:バスタ耐性)
 
*一次検査:検査紙を使って遺伝子組み換え遺伝子から作られるたんぱく質を検出する検査。
**PCR検査:遺伝子検査。一次検査の結果をより精密に検証したいときに実施している。
【2020年11月5日掲載】
 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。