本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

第5回 新機軸・魚柄仁之助 サラダチキンか?プラごみか?

「ねーねー、パックを破くとネ、塩茹でのムネニクが入っていてネ、裂きイカみたに指で裂けるんだってぇ。ローファット、ローカロリーでヘルシーでしょう~」

知人が自慢げに話す加工食品はサラダ用チキンとかナントカいう名前で売られているそうですが、それってうちでは30年来の定番惣菜だったんです

 「裂ける!サラダ用チキンの作り方」

・鶏のムネニクから皮を剥ぎ取り、全体に粗塩をたっぷりまぶす

・むき出しのまま(ラップなどはかけない)24~48時間冷暗所に放置する(冷蔵庫でもOK)

・水を2㎝くらい入れた鍋に万能蒸し器+塩鶏をセットし、中火で20分間蒸す

・蒸し上がったら蒸し器ごと取り出して冷ます

・冷めたら蓋つきの容器に入れて冷蔵保存

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

↓ 充分に冷やすとムネニクはその繊維に沿って「さきいか」のように裂くことができます

 「裂けるサラダ用チキン」のご説明です

Q:買ってきたムネニクをそのまま蒸すのでなく24~48時間塩漬にするわけは?

肉の表面に塩粒=腐敗予防+肉の水分を外に出す+ウマミを増やす作用がある

Q:肉にラップなどをかけないのはなぜ?

通気を良くして肉の水分を蒸発させるため

Q:20分間蒸すのはなぜ?

肉の中心部まで熱を通して雑菌を殺し保存性を良くするため

パサつきがちなムネニクが、塩漬⇒乾燥熟成⇒加熱⇒冷却のプロセスを踏むことによって
しっとり、ウマミたっぷりに変身するのです。
裂きイカみたいに細く裂くと空気に触れる面積が増えて傷みやすいから
保存するときはブロックのままで冷蔵庫に入れておき、
食べる時に細く裂くと傷みにくいですね。

今回のムネニクは200g⇒100円(写真1)でしたから出来上がったサラダ用チキンは100円也。
写真3は全体の1/3ですから33円分なんですなー。
スーパーで売ってるサラダ用チキンっていくらか?よく知らんのですが
ま、33円じゃ、買えんぢゃろ
きっとサラダ用チキンを加工する人件費とかパッケージ代が高いんだろーなー
高いお金を払った挙句がプラごみじゃ・・・損していると感じるのは貧乏性かぁ?

最近、プラごみによる海洋汚染が報道されていますが
微粒子になったプラごみはもう人体からも検出されているようです。
食品も加工すればするほどごみが増える。自分で作ればごみは減る。
時間が無くてできないから、つい加工食品を・・・
と言ってた知人に
でもこのサラダ用チキンは加熱20分で出来るんだけど・・・
と教えたら、3日後に自作のサラダ用チキンを持ってきて
ドヤ顔で「できたっ」ですと。

レジ袋をマイバッグや風呂敷に変えるのもエコなら
食の外注化」をしないのもエコって言ってよね

写真・文/魚柄仁之助

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。