本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

毎日食べ続けられる「おいしいヨーグルト」を目指して再開発したヨーグルト2種類が6月より新登場!

 生活クラブ生協連合会(本社:東京都新宿区、以下生活クラブ)は、毎日食べ続けられる「おいしいヨーグルト」をコンセプトに再開発した、「生乳100%ヨーグルト」「とろーり加糖ヨーグルト」の取り組みを2019年6月より開始いたします。

 近年、国産生乳の消費は「飲む牛乳」からヨーグルトやチーズなどの「食べる牛乳」へシフトしています。生活クラブでは、提携生産者の生乳利用を維持することを目的に、幅広い年代の方が毎日食べ続けられる「おいしいヨーグルト」を目指して、組合員が主体となりヨーグルトの最新研究結果をもとに会議やモニタリングを重ねて誕生しました。
 今回再開発したヨーグルトは「生乳100%ヨーグルト」と「とろーり加糖ヨーグルト」の2種類です。「生乳100%ヨーグルト」は、既存のプレーンヨーグルトの強い酸味が若い世代には受け入れられにくいことを見直すべく、最新の乳酸菌の中から日にちが経っても酸っぱくなりづらい特性のある883LYO(ダニスコ社:仏)を使用しました。生活クラブでお馴染みのパスチャライズド牛乳(※)と同じ生産者の良質な生乳だけでつくられたヨーグルトを再開発し利用拡大を図ることは、提携生産者の生乳利用の維持や安定供給に繋がります。

 「とろーり加糖ヨーグルト」は、乳脂肪分2.0%と脂肪分控えめでおやつにぴったりな加糖ヨーグルトです。特に子どもに人気の高かったMild1.0乳酸菌(クリスチャンハンセン社:デンマーク)を使用し、スプーンでかき混ぜると名前の通り「とろーり」とした食感を楽しめます。
※ パスチャライズド牛乳とは、牛乳本来の風味やおいしさや栄養を損なわない、72℃15秒間のパスチャライズド殺菌をした牛乳で、熱による成分の変性が少なく、さらっとしてほんのり甘みのあるのが特長です。
生産者と組合員で構成された再開発チームが会議やモニタリングを重ねて誕生したヨーグルト
 日本のヨーグルト市場は、飲用牛乳・加工乳の消費が1990年代半ばをピークに減少しているのに比べて拡大傾向にあります。これは、酸味が少なく食べやすいヨーグルトや健康志向の高まりを受けて機能性ヨーグルトが次々と開発されたことが主な要因です。生活クラブでも、昨年春に生産者と組合員で構成する「ヨーグルト再開発会議」を発足し、組合員の意見を参考にした毎日食べ続けられる新感覚のヨーグルトづくりがスタートしました。
① 
開発メンバーは会議やアンケート調査、市場調査を実施し、結果を報告。
② 
ヨーグルトを製造する新生酪農千葉工場で製造工程を確認、ヨーグルトとは何かについて見学しながら学習。
③ 
異なる乳酸菌を使った試作品の試食を重ねて、味や機能の違いを調査。 メンバーからは、「組合員が開発にかかわれるところが生活クラブの良さ」という声も。
④ 
生産者による12種類の試作品のうち、会議で4候補に絞り込み、そこから全国の生活クラブ店舗(デポー)やイベント会場でモニタリングを実施。再開発は約9か月間のプロジェクトとなった。

製品特徴

生乳100%ヨーグルト

パスチャライズド牛乳と同じ提携酪農生産者の良質な生乳100%でつくったプレーンヨーグルト。乳酸菌は、最新の乳酸菌883LYO(ダニスコ社:仏)を使用し、日にちがたっても酸っぱくなりづらいのが特徴です。

品   名 :生乳100%ヨーグルト
取扱開始日:6月3日より
内容量:400g(冷蔵)
価   格:212円(税抜)
提携先/製造元:新生酪農(株)/新生酪農(株)千葉工場

※北海道エリアを除く企画です。デポー(店舗)での取り扱い開始日は異なる場合があります。
とろーり加糖ヨーグルト

乳脂肪分2.0%と控えめながらもなめらかな口当たりで、スプーンでかき混ぜると「とろーり」とした食感が楽しめ、お子さまのおやつにぴったりな加糖ヨーグルトです。

品   名 :とろーり加糖ヨーグルト
取扱開始日:6月10日より
内容量:80gx3(冷蔵)
価   格:198円(税抜)
提携先/製造元:新生酪農(株)/新生酪農(株)千葉工場

※北海道エリアを除く企画です。デポー(店舗)での取り扱い開始日は異なる場合があります。


生活クラブでは、今後も「毎日の暮らしを私らしく豊かにしたい。」方々をサポートし、安心・安全な食品で健康な食べ方をみなさまに提供していき、「サステイナブル(持続可能)な生き方」を大切にしてまいります。

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。