本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

共生型デイサービス「またあした富士川」がオープン 生活クラブ山梨としては初の福祉事業

県内の福祉事業者と共同で初の福祉事業がスタート


生活クラブ山梨の福祉・たすけあいのしくみと「また明日株式会社」(山梨県南アルプス市)の介護福祉部門のとりくみを統合して設立された「一般社団法人 またあしたクラブ」は、この6月、共生型ケア事業所「またあした富士川」を山梨県富士川町にオープンしました。生活クラブ山梨の活動成果としてははじめてとなる福祉事業所です。

「また明日株式会社」は、山梨県内で共生型デイサービス事業を以前から取り組んできました。生活クラブ山梨は、福祉事業についての経験や知識は不十分でしたが、「共生型ケア」の基本理念が一致したことから「また明日株式会社」との共同で福祉事業をスタートすることができました。

だれもが住み慣れた地域で暮らし続ける共生型デイサービス施設

「またあした富士川」は、だれもが住み慣れた地域で暮らし続けるために、赤ちゃんからお年寄りや障がい者まで、介護・支援の必要な方々が、共に「生きる力」を育みながら過ごす共生型デイサービスです。

建物は、珪藻土の壁や地元富士川町産の材木を使用し環境にも配慮しています。提供する食事には、生活クラブの消費材や「八ヶ岳やさい倶楽部(*)」の野菜を中心とした地元食材を使っています。

(*)山梨県北杜市の農産物生産者グループ。生活クラブ生協の提携生産者です。

【サービス】
・介護保険 地域密着型通所介護
・共生型 生活介護
・共生型 放課後等デイサービス
・日中一時支援
★地域の寄り合いどころ ★家庭菜園
 

きっと明日もみんな元気に笑顔で!という願いをこめて

8月18日の日曜日、またあした富士川にて「みんなdeごはん」が開催されました。生活クラブの組合員、地元の子どもからお年寄りまで20名以上の方が参加して食卓を囲みました。栄養バランスのとれた食事と、集まった方々のあたたかな笑顔が、暑い夏にも負けないエネルギーになりました。

生活クラブ山梨がめざす「地域共生社会」をともに

生活クラブ山梨の第6次中期計画(2014~18年度)では、生活クラブが実践してきた「食の安全」を基本理念に、たすけあいによる地域共生社会づくり ―― 子どもからお年寄りまで、障がいの有無に関係なく共に時間を過ごす「共生型ケア」を実現する福祉事業の展開を方針の一つとしていました。

事業地の選定、事業理念の確認、経営計画の作成など、準備には2年あまりを費やしました。「またあした富士川」の経営主体は、生活クラブ山梨と共生ケア事業者「また明日株式会社」が共同出資する「一般社団法人 またあしたクラブ」です。「共生型ケア」の理念に自治体からも期待が寄せられている富士川町で、まずは15名程度の小規模施設から始めることになりました。

これからも生活クラブ山梨と「また明日株式会社」は、だれもが地域で安心して暮らし続けられる福祉社会づくりをめざし、連携して事業を進めます。
 
【2019年9月30日掲載】

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。