本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

生活クラブの福祉事業をひろげる「生活クラブ福祉事業基金」 2019年度寄付受付中

生活クラブらしい福祉事業をひろげるための「生活クラブ福祉事業基金」。今年度も寄付の受付が始まっています。

9月には「2019年度第2回助成」の助成先が決まり、現在は「2020年度第1回助成」の申込みを受付中です。
生活クラブ福祉事業基金とは?
 
・超高齢社会の現在、福祉に関わる問題は山積みです。その一方で、公的な財源が不足しているといわれています。

・生活クラブ福祉事業基金は、生活クラブらしい福祉事業の展開をめざす団体を、生活クラブグループ全体で後押しするしくみです(基金の運営は、一般社団法人生活クラブ福祉事業基金が行なっています)。

・組合員どなたでも寄付にご協力いただけます。

・CO・OP共済《たすけあい》契約者の方は、2018年度割戻金全額という形の寄付もできます。組合員どうしのたすけあいである共済の、病気やけがに備える掛金から生み出された割戻金が、安心して暮らせる地域をつくることに活かされ、地域のたすけあいを広げることにつながります。


 

寄付受付中

今年度も寄付の受付が始まっています。ご協力よろしくお願いします。

組合員どなたでも1口1,000円からの寄付にご協力いただけます。
また、CO・OP共済《たすけあい》契約者の方は、2018年度割戻金全額という形の寄付もできます。組合員どうしのたすけあいである共済の、病気やけがに備える掛金から生み出された割戻金が、安心して暮らせる地域をつくることに活かされ、地域のたすけあいを広げることにつながります。

●1口1,000円からの寄付をご希望の方は、「契約者以外の方」よりご入力ください。
※組合員どなたでも選択できます。

●CO・OP共済《たすけあい》2018年度割戻金全額の寄付をご希望の方は、CO・OP共済《たすけあい》契約者の方よりご入力ください。
※CO・OP共済《たすけあい》契約者のみ選択できます。

2019年度 第2回助成の助成先

「審査会」などをつうじて、「2019年度第2回助成」の助成先が決まりました。

フードバンクかながわ地域連携事業
公益社団法人 フードバンクかながわ
*生活クラブ神奈川推薦
助成額 1,050,000円
 
 「フードバンクかながわ」は、生活クラブ神奈川が県内の生協や労働団体とともに2018年に設立した団体です。さまざまな個人や団体から食品を寄贈してもらい、子ども食堂・地域のフードバンク・社会福祉協議会・行政などに食品を提供しています。活動内容や寄贈依頼を広報するためのリーフレットやポスターなどを作成する際には、「生活クラブ福祉事業基金」の「2018年度助成」を活用しました。

フードバンクの活動を発展させ、地域のたすけあいをすすめるためには、他団体や地域との連携をさらに深めることが必要な状況となってきました。そこで、これまでの事業からの改善・拡充を図るための「地域連携事業」を展開することとなりました。

その「地域連携事業」を後押しするために、「2019年度第2回助成」の対象とすることが「審査会」で検討され、一般社団法人生活クラブ福祉事業基金で決まりました。具体的には、政策提言研究会・検討会・情報交換会・地域フォーラムなどに活用される予定です。生活クラブらしい福祉をひろげていくことが期待できます。

助成の申込み受付中

2020年度上期の事業への助成について、現在申込みを受け付けています(12月27日〆切)。

詳しくは、各地の生活クラブ生協にお問い合せください。
【2019年10月8日掲載】
 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。