本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

シンポジウム開催のご案内「ゲノム編集食品が食卓へ~表示とトレーサビリティの必要性」

日本政府はゲノム編集食品の一部について法的規制の対象外としました。ゲノム編集食品の市場流通が目前に迫っているなか、「たねと食とひと@フォーラム」主催のシンポジウムが開催されます。生活クラブ連合会も後援するこのシンポジウムについてご案内します。

たねと食とひと@フォーラムのウェブサイトはこちら

シンポジウム「ゲノム編集食品が食卓へ~表示とトレーサビリティの必要性」

●開催概要
日時: 2020年2月24日(月曜祝日)13:30~16:30
会場: 明治大学リバティタワー1階1011教室(御茶ノ水)
    アクセスマップ
登壇者:
<問題提起>
「ゲノム編集作物の健全な利活用のためには」 塚谷裕一氏/東京大学大学院理学系研究科教授
「ゲノム編集食品の表示のあり方を考える」 石井哲也氏/北海道大学安全衛生本部教授
<報告>
「ゲノム編集高ギャバトマトの商品化に向けて」 竹下達夫氏/サナテックシード㈱代表取締役社長
「流通が始まっているアメリカを取材して」 水野雄太氏/NHK報道局 科学・文化部記者
「ゲノム編集食品調査チーム報告」 たねと食とひと@フォーラム
主催: たねと食とひと@フォーラム
後援: 生活クラブ事業連合生活協同組合連合会ほか
参加費: 一般1,000円 たねと食とひと@フォーラム個人会員800円(当日入会の方も無料になります)、学生500円

参加ご希望の方は、お名前・⼈数・連絡先を記載のうえ、emailまたはFAXにて「たねと⾷とひと@フォーラム」事務局までお申込みください。
FAX: 03-6869-7204 
Email: info@nongmseed.jp
【2020年2月18日掲載】
 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。