本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

生活に困窮する方々へ緊急支援 全農パールライス㈱等の生産者団体とともに米25トンを寄付

新型コロナウイルス感染症により影響を受けられたすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、罹患されている皆さまの一日も早いご回復を心よりお祈り申し上げます。

この度の新型コロナウイルス感染拡大を受けた経済活動縮小の影響で、生活に困窮する方々が今まで以上の困難を強いられていることが大きな社会問題となっています。生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(本部:東京都新宿区、以下生活クラブ)は、このたびの事態を受けて、生活に困窮する方々への緊急支援としてお米をお届けします。

生活クラブではこれまで各地域で福祉・たすけあいの活動と事業を行なうなど、子ども食堂や生活困窮者支援などの活動に取り組んできました。このたびの事態を受け、連携する福祉団体と情報交換を行ない、生活に困窮する方々への支援について検討してまいりました。そのなかで、今必要なものは主食の米であるとの要請があり、生活クラブと食の共同購入を通じて長く提携関係にある生産者団体・全農パールライス㈱等の協賛を得て、山形県産米等25tをお届けします。

生活クラブと生産者団体が協力し、会員単協、福祉団体と連携して、必要とする方々へ少しでも早くお米を届けるために、生活クラブの物流センターや各地域の配送センター、関連物流会社など自前の物流網を活用することとしました。

外出自粛の影響で順調に推移した共同購入事業の事業収入を社会貢献としてこのたびの原資に活用します。
この取り組みは、生産者と直接つながり提携してきたネットワークと、地域での福祉団体とのネットワークをつなぐことによって実現できました。

支援内容の詳細は以下のとおりです。

◆対象◆
生活クラブ会員単協の関係団体(福祉事業団体、子ども食堂、ワーカーズ・コレクティブ、フードバンクなど)、社会的養護の若者支援団体、被災地支援団体など

◆規模◆
2019年産山形県産米等25トン(5キロ袋で5,000袋)

◆期間◆
2020年6月~7月予定 ※継続支援を検討中

新型コロナウイルス感染拡大の市民生活への影響は今後より深刻となることが想定されています。生活に困窮する方々への継続的な支援のしくみを構築していくために、今後も関係団体ならびに生産者とともに、どのような形で継続支援が行えるかを検討していきます。
生活クラブの福祉事業への取り組み例
フードバンクから届いた食材で作られた料理
(埼玉の子ども食堂・シャローム食堂)

組合員がボランティアで仕分け作業
(フードバンクかながわ)

売上の7%を若者おうえん基金に寄付する
自動販売機(生活クラブ飯能DCセンター)

 
物流イメージ

【2020年6月16日掲載】

 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。