本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

おうちで食品ロス削減 第2回 サルベージ・クッキング ~缶詰編~を配信しました

イワシ蒲焼き缶と夏野菜のゆず胡椒ペペロンチーノ

コンビーフとひじきのフリッタータ(イタリア風オムレツ)
生活クラブでは現在、サステイナブルな暮らしのヒントを見つけるフェス「サステイナブル フェス!」を開催中です。そのオンラインコンテンツの1つ、ライブ配信「第2回 余りものをおいしく変身! サルベージ・クッキング ~缶詰編~」を8月1日に配信しました。

サステイナブル フェス!についてはこちらから

サルベージ・クッキングとは

サルベージ・クッキングとは、食べごろギリギリの野菜、買いすぎた食材、もらいものなど「もてあましている食材」をサルベージ(救い出す)するお料理のことです。余り物だった食材を、いつもとは違う味付けや料理方法でよみがえらせることで、家庭から出る食品ロスを減らそうとする試み。一般社団法人フードサルベージが企画運営するサルベージ・パーティⓇから着想を得たものです。パーティのように集まって一緒に料理するのではなく、おうちにいながらサルベージ・クッキングを体験できるコンテンツを作ろうと、(一社)フードサルベージと生活クラブのコラボレーションで配信が実現しました。

サルベージ・パーティⓇについてはこちらから

シェフ提案の未だ経験のない素材合わせ どんな味かお楽しみ!

今回は、事前に生活クラブからサルベージしてほしい食材を、(一社)フードサルベージ公認のサルベージ・シェフにオファー。それに基づき、サルベージ・シェフが何を作るか考え、配信当日、ライブで料理するというものです。もちろんそこには、プロならではの驚くべき食材の組み合わせや味の組み立て方法、食材を無駄なく使い切る技術もふんだんに披露されます。またライブ中は、YouTubeのチャットに寄せられた視聴者からの感想や質問にシェフに答えていただくなど、リアルタイムでの視聴者とのコミュニケーションができるようにしました。

今回オファーした食材は「缶詰」。安売りで買ったものがたまってしまった、備蓄食材としたものの食べ方が一辺倒になり使いきれない、などの理由から、サルベージ・パーティⓇでも、よく持ち寄られる食材だそう。
それを受け、今回協力してくださったサルベージ・シェフ高田大雅さんの提案は次の2品です。

●「いわし蒲焼缶」と夏野菜のゆず胡椒ペペロンチーノ
●「コンビーフ缶」と「ひじきドライパック缶」のフリッタータ(イタリア風オムレツ)


「いわし蒲焼缶とゆず胡椒」、「コンビーフとひじき」など、あまり食べた経験のない食材の組み合わせに、期待を高めつつ、本番を待ちました。

気が付いたら食品ロスが減っていた

ライブ配信では、(一社)フードサルベージの代表理事平井巧さんと高田シェフのかけあいで料理が進みました。
ブロッコリーは芯まで丸ごと使えること、コンビーフとひじきの組み合わせは、昆布だしとお肉のだしの組み合わせから発想を得ていること、缶詰を含めた加工食品は、調味料や隠し味として使ってみると半端に余った時も使い切れる……などなど、「作り方」の解説だけにとどまらない内容となりました。

さらに、高田シェフから「味を分解」してみるといいとのアドバイスも。「例えばオムレツと相性のよいケチャップ。ケチャップはトマトの酸味とうま味に甘味と塩味を加えた調味料です。それを別の食材で組み立ててみる。今回フリッタータにつけたバルサミコ酢と醤油のソースは、バルサミコの酸味と甘み、醤油のうま味と塩味でできています。味の構成はケチャップとほぼ同じです。ぜひそんな風に考えて、いろいろ挑戦してみてください」。
 
最後に平井さんから「意外な食材の組み合わせを試して、おいしかったら覚えておくとよいですよ。そうすると次に料理するときに味の完成形が想像しやすく、料理の幅が広がります」という言葉がありました。「おいしかった」という楽しい記憶とともに食経験を知識として蓄積し、次に役立てる。そうした繰り返しが、日々の食を豊かにしていくコツなのかもしれません。

毎日の料理で、気をつけていても出てしまう「余り物」。サルベージ・クッキングを経て、「余り物」は食をより創造的に楽しむきっかけを与えてくれるものでもあるとわかりました。創造的に毎日料理に取り組んだ結果、自然と家庭の食品ロスが減っている。そんな風に「サステイナブルな暮らし」がおくれたら最高に楽しいですね。
ライブ配信は生活クラブの公式YouTubeチャンネルでアーカイブしています。ぜひご覧いただき、サルベージ・クッキングをお試しください。

~缶詰編~のご視聴は以下から

https://youtu.be/savmLZKp2rw

<出演者>
(一社)フードサルベージ 代表理事 平井巧さん
サルベージ・シェフ:Foodist Link 株式会社代表 高田大雅さん
生活クラブ連合会 事業三部 広報政策課 田中裕次郎

以下、配信本編より。記事で紹介した以外にもたくさんのサルベージのコツを紹介していますので、ぜひご覧ください!
視聴後にはぜひやってみて、#サルベージクッキング、#サステイナブルフェス、#生活クラブ をつけてInstagramに投稿を!

ブロッコリーの芯の特に固い外側はゆでたりみじん切りにしたりして使います
ブロッコリーをゆでたお湯も無駄にしない! パスタをゆでるのに使います。また、フライパンを使うと早くお湯が沸きます
じゃがいもは皮ごとゆでて。おいしいゆで方のコツも紹介しています

第一回目~乾物編~も好評アーカイブ中! ぜひ視聴ください!

第一回サルベージ・クッキング~乾物編~を見逃した方は、ぜひこちらから視聴ください!
https://youtu.be/r9Ggxg45zw0
 
<メニュー名>
●豚肉と高野豆腐のコチュジャン炒め
 高野豆腐などの和の食材が韓国風料理に変身!   
●ハンバーグ ミックスハーブと味噌のトマトソース
ハーブと味噌とトマトの組み合わせはどんな味? 野菜の皮なども活用し、無駄の少ないお料理を紹介しています。
 
【2020年8月6日掲載】

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。