本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

「さようなら原発3.27首都圏集会」東京電力福島第一原発事故から10年の集会に1,500人が参加


東海第二原発運転差止訴訟原告団

3月27日(土)、さようなら原発・首都圏集会が日比谷野外音楽堂で開催され、生活クラブからは約10名が参加しました。東京電力福島第一原発事故から10年が経過するなか、主催者発表では1,500人が集まりました。コロナ禍により会場が入場制限され、中に入れずに集会後のデモ行進から参加した方もいました。集会では、登壇した方々から思い思いにアピールがあり、あたらめて原発を一刻も早く停止させる意思を確認した集会になりました。

「さようなら原発1000万人署名」の第3次提出

主催者挨拶の鎌田慧さんから、「さようなら原発1000万人署名」について3月5日に43万筆を提出(累計881万筆)したことの報告がありました。

「ふくしま」から
福島原発刑事訴訟支援団の池脇美和事務局長は、「オリンピックの聖火リレーが福島から始まったが、東京電力福島第一原発の事故はいまだ収束せず、放射性汚染物はいまも環境中に放出されている。福島はオリンピックどこでねぇ。先日起きた東北地方の地震では、格納容器の水位が減少しており注水を増やしたとの報道があった。大きな地震や台風の度に全国各地の原発を心配しなければならない状況はいつまで続くのか。福島原発刑事訴訟は、原発には絶対的安全性は求められていなかったとなり、私たちを再び傷つけることになった。控訴審は夏頃を想定している。子ども脱被ばく裁判の判決が出たが、被ばくした子どもたちを守るのではない不当な判決だった。負の連鎖を断ち切り、あきらめではなく希望を積み重ね、子どもの目をまっすぐに見て未来を語れるように、いま一歩みなさんで力を尽くしていこう」と、訴えました。

「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」から
吉原毅会長から、3月11日に「原発ゼロ・自然エネルギー100世界会議」の開催報告があり、「原発事故や廃棄物保管の費用は将来へ先延ばしにしていること、経済的に考えると自然エネルギーへの転換は実現できる」と語りました。

「東海第二原発の裁判」から
東海第二原発運転差止訴訟原告団の大石光伸共同代表からは、「3月18日、水戸地裁で東海第二原発は運転してはならないと命じた」として、判決の概要について紹介がありました。

「判決では、原発の運転が人体に有害な物質を多量に発生させることは不可避であり、過酷事故が発生した場合、周辺住民の生命身体に重大かつ深刻な被害を与える可能性を本質的に内在するものである。(中略)福島第一原発事故の重い事実、福島へのみなさんへの甚大な被害が判決の前提事実として記されている。」「最新の科学的知見によっても何が起きるか予測することができない」として、「国際的な常識に則り判決を出した」。「司法が判断できるのはここまで。あとは住民の粘り強い運動で原発を止めてねと言われているようだ。廃炉まで頑張ろう」と訴えました。

このほか、菅直人さんや呼びかけ人の澤地久枝さん、落合恵子さんからも呼びかけがありました。
プラカードで反原発アピール
行進アピール~東京電力本社前
【2021年4月13日掲載】
 

生活クラブをはじめませんか?

41万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。