本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

参加型の住まいと交流拠点づくりをめざして、一緒に考える組合員を募集します。


生活クラブでは、食の故郷・山形県庄内地方への移住や二拠点生活が、ライフスタイルの選択肢になるよう、生活に欠かせない「食(Food)」「エネルギー(Energy)」「福祉(Care)」を、庄内エリアのなかで自給できるネットワークづくりにチャレンジをしています。
 
その「庄内の福祉コミュニティ構想」具現化の一つとして、山形県酒田市と連携しながら、「居住」+「地域と交流する場」などをもつ施設をつくる計画をすすめてきました。建設予定地は、観光名所の山居倉庫の向かい側。酒田港に近く、鳥海山も臨めます。

今年4月、その拠点施設を建設・運営する事業予定者が決定し、2022年秋の完成を目指して、いよいよ事業計画や運営方法などについてこれから協議していきます。

酒田市役所のウェブサイトはこちら
     
「酒田市に移住」「今のお住まいと酒田市との二拠点生活」「酒田市と多様に関わる(関係人口)」など、さまざまな視点から生活クラブらしい拠点づくりをめざして、一緒に考える組合員を募集します。

*参加型の住まいづくりや庄内に興味のある方は、こちら

庄内での暮らしを検討する会

*庄内地方の文化・暮らし・人・移住に関心のある方は、こちら

庄内と組合員を結ぶオンライン意見交換会

ファイナンシャルプランナーによる個人相談会

庄内ちょっと暮らし滞在

*これからの暮らし方に興味のある方は、こちら

老い支度を考える-ゆるやかな連絡会
 

庄内のFEC自給ネットワーク構想




地域の資源である太陽光で発電し、その電力は「生活クラブでんき」へ供給。利益は庄内の福祉などのために使われる予定です。
庄内の生産者が生協を設立。庄内でも消費材を共同購入できます。


エネルギー
「庄内・遊佐太陽光発電所」が2019年2月から稼働中。


福祉
新しくつくる拠点を、移住者と地域住民、多世代が集う場に。

【2021年7月8日掲載】
 

生活クラブをはじめませんか?

41万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。