本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

寄付を受付中 生活クラブ福祉事業基金<助成先の紹介 その3>

「生活クラブ福祉事業基金」は、組合員やCO・OP共済《たすけあい》契約者からの寄付を、生活クラブグループの単協や団体へ助成して、生活クラブらしい福祉をひろげるしくみです。

地域で福祉事業をスタートさせるには人材や開業資金などの点で一団体の単独では実行が難しいことがあります。そこで、生活クラブらしい福祉事業の芽をグループ全体の力で育てるしくみとして「生活クラブ福祉事業基金」を設立しました。一人ひとりの寄付が、生活クラブの福祉事業をひろげるための、とても大切な一歩となります。


地域がつながるみんなの居場所

居場所の立ち上げ
生活クラブ大阪
助成額 2,983,750円


コロナ禍だからこそ、地域に人を孤立させない居場所を
「地域に暮らす誰もがふらりと立ち寄って、おしゃべりできる拠点があったらいいね」を形にしたのが「居場所よりみち(以下、よりみち)」です。

生活クラブ大阪の福祉事業として、「よりみち」は2020年11月にオープンしました。大阪府枚方市郊外の大きな団地の一角にあり、通常なら多くの人が集い、華々しく開所するところでしたが、開所間もなくコロナ禍により計画したことの実施が難しくなってしまいました。それでも、地域の組合員を中心に集まったスタッフは、新しく生まれた居場所を地域に溶け込ませようと活動してきました。生活クラブ大阪の清水啓子理事長は「先行きを心配ばかりしていましたが、スタッフの前向きな姿に励まされました」と振り返ります。

活動自粛を求められ、居場所が開けられない期間も地域にアピールするために、スタッフは開所日(毎週月・水曜日)には必ずシャッターを開けて中で作業をしました。その後、人数や時間を制限しながら開所すると、地域の高齢者を中心に徐々に来所が増え、最近は「あなたとおしゃべりがしたいの」とスタッフに会うのを楽しみにする常連さんも現れるようになりました。ボランティアの人の協力で、ペン習字やウクレレ、絵本の読み聞かせなどの企画も定着しています。よりみちを会場とした出張の子育てひろばも始まり、今後に向けて開所日を増やす準備を始めています。
 

地域のボランティアの方とフラダンス

地域にもスタッフにも居心地のいい場所
よりみちが地域福祉の機能として根付いていくには、まずは多くの人に知ってもらうことが必要と考え、スタッフが発案したのがバザーでした。コロナ禍で地域のお祭りなどが中止になる中、イベント不足を解消しようと、7月に「よりみちバザー」を開催しました。当日は続々と来客があり、込み合わないよう人数制限・順番待ちの対応をしながら、楽しい時間が過ごせ、事前の品物提供も含めて地域とのつながりが深まりました。

また、よりみちと地域包括センターなどが連携した福祉のネットワークづくり構想や、地域の警察から特殊詐欺防止DVDの上映打診など、拠点があるからこそできる活動も期待されています。

開所1年を迎えた運営スタッフからは「地域のことがよくわかるようになった」「いろんな年代の人と話す機会ができて新鮮で楽しい」「自分のほっとできる居場所ができた」「寄り添うという言葉を覚え、実践したいと思った」など、居場所に関わることで自らにも新しいステージができたという感想が寄せられています。よりみちでの思わぬ出会いなどもあり、人と人がつながることで、当初の構想以上の広がりを見せています。


 
お母さんはじっくり刺し子づくり。
お子さんはスタッフとシルバニアやブロック遊び

全国からの応援に応えたい!
よりみちは団地内の空きテナント物件を改修しました。1階は、企画や交流ができるフリースペースと、奥に続くガレージです。2階は、子ども連れの人でも気軽に使える2間の和室になっています。この立ち上げ費用に生活クラブ福祉事業基金の助成を活用しました。清水さんは「大阪の地域福祉の活動を、福祉事業基金を通して全国の生活クラブの仲間が応援してくれているということが事業運営の励みになっています。そして今度は、多くの生活クラブ大阪の組合員が福祉事業基金に寄付することで、他の地域で福祉事業を進めようとする仲間を応援して、お返しをしたいと思っています。地域に拠点をつくることは覚悟が必要ですが、福祉にとどまらず様々な展開があります。ぜひ、居場所づくりに挑戦してみることをおすすめします」と、呼びかけます。

福祉事業基金の寄付者の「全国で生活クラブの仲間が人のために活動する事例をみるとうれしくなります。おおぜいの力をあわせるっていいですね!」「自分に戻るよりも有効に活用してくださると思い寄付しています」との思いが、よりみちの活動でしっかり実現しています。
イベント「エンディングノートを書いてみましょう」
【2021年12月13日掲載】
 

生活クラブをはじめませんか?

41万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。