本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
生協の食材宅配【生活クラブ】
国産、無添加、減農薬、
こだわりの安心食材を宅配します。
ここからサイト内共通メニューです。

【サステイナブルな未来を一緒に考える】せっけんが良いって聞くけど、どんな良さがあるの?




普段の暮らしで使う洗剤には、天然由来の界面活性剤が成分となる「せっけん」と、石油や天然油脂を原料に化学合成された合成界面活性剤が成分となる「合成洗剤」の2種類があります。そのうち、生活クラブは「せっけん」だけを扱っていますが、どんな良さがあるのか、一緒に考えてみましょう。

環境への負荷が大きい合成洗剤にNO!

1970年代、日本では合成洗剤による河川の汚染や皮膚への影響が問題視され、せっけんの使用を推し進める「せっけん運動」が全国に広がっていきました。生活クラブの中にも合成洗剤追放を呼びかける組合員が増え、生活クラブ神奈川では「合成洗剤の製造・販売を禁止」する請願署名活動も繰り広げられました。

もともと生活クラブでは日本生協連の合成洗剤を扱っていましたが、せっけんの利用が高まったこともあり、1977年から合成洗剤の取組みを中止し、せっけん類のみの取組みがスタート。岩手県の重茂漁協をはじめとした多くの提携生産者もこの取組みに賛同し、ともに活動してきました。

 
生活クラブのわかめ類の提携先・重茂漁協(岩手県)で合成洗剤追放運動が始まったのは1975年のこと。重茂地区の豊かな海と天然資源を守るため、今も変わらず「合成洗剤を使わない」という意思を表明し続けています。

せっけんは分解されやすいから環境への負荷が小さい

天然の油脂とアルカリを原料とするせっけんは、排出されると短時間で洗浄力(界面活性作用)を失い、水と二酸化炭素に分解されます。自然に還る素材でできているので手肌にやさしいのはもちろん、せっけんを選ぶことが、川や海などの自然環境を守ることにもつながるのです。このような考えから生活クラブでは、手洗いだけではなく、洗濯や洗髪、食器洗いなど、暮らしの “洗う” を支えるせっけん類を幅広く扱っています
毎日の食器洗いも手肌にやさしいせっけんで。

よりサステイナブルなせっけんをめざしてリニューアル

近年、せっけんの主原料であるパーム油生産地の一部で、森林破壊や人権問題等の課題が指摘されています。こうした背景を踏まえ、生活クラブは長年提携するヱスケー石鹸とともに、今年7月に洗濯用品3品目を再開発しました。原料の一部を、廃食用油を精製したリサイクル原料に変更。包材はコンパクトにしプラスチック使用量を削減。さらに、洗濯用せっけん2品目の包材の一部にリサイクルPETを使用しています。

 
地球の生態系を維持するため、海や陸の環境保全に取り組みます
生産・流通・消費・廃棄の各段階での環境に配慮し、せっけんの利用、プラスチック使用の削減をすすめていきます。同時に、CO₂(二酸化炭素)などの温室効果ガスの排出量も削減し、環境への負荷を減らしています。

★生活クラブ食べるカタログ 2022年10月4回(43週)より転載しました。
 
【2022年10月14日掲載】

生活クラブをはじめませんか?

42万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブのSNS公式アカウント
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。