本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
生協の食材宅配【生活クラブ】
国産、無添加、減農薬、
こだわりの安心食材を宅配します。
ここからサイト内共通メニューです。

【生活クラブ連合会】2022年8月の豪雨により被害にあわれた 青森県の古川りんご園へお見舞いを届けました

2022年8月、東北・北陸地方での豪雨は大きな被害をもたらしました。被害を受けられたすべての皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。
2022年11月2日、生活クラブ連合会(本部:東京都新宿区、会長:村上彰一、以下生活クラブ連合会)は、今回の豪雨で被害を受けられた当生協の提携生産者、古川りんご園(青森県弘前市)に、お見舞金155万円を届けました。また、生活クラブ連合会の会員生協、生活クラブ生活協同組合(青森)では、今回の被害を受けて組合員から寄付を募りました。同日、集まった寄付金の8万円も届けました。

左から:生活クラブ連合会 会長 村上彰一、古川りんご園 代表 古川元祥様、古川りんご園 花田敏英様

古川りんご園は当生協にりんご(つがる、ジョナゴールド、王林、ふじなど) を出荷する提携生産者で、その提携は1989年に始まりました。土づくりには有機質肥料のみを使用し、「安心しておいしく食べられる」ことに価値を置いて持続可能な農業を推進しています。
8月3日と同月9日~13日までの豪雨により園地は2度の冠水に見舞われ、2度目の豪雨では倉庫や冷蔵庫も浸水しました。樹木が長時間浸水したことにより、病気や枯れの懸念があり、次年度以降もこの影響が及ぶ可能性があります。

そのため、受けられた被害からすると些少ではありますが、生産の継続を何らかのかたちで応援したく、お見舞金を届けることとしました。

生活クラブ連合会ではカタログで古川りんご園の特集を組むなど、今後も利用促進活動につとめ、安定的に利用し続けることで、園地の再生と持続可能な生産を応援してまいります。
 
同日、生活クラブ青森からも寄付を届けた(左から2番目:生活クラブ青森 専務 河野顕)
冠水した園地 (2022年8月撮影)
 
落下したりんご (2022年8月撮影)
【2022年11月15日掲載】
 

生活クラブをはじめませんか?

42万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブのSNS公式アカウント
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。