本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
トップ  〉 生活クラブについて  〉 理念・ビジョン  〉 第一次 生活クラブ2030行動宣言  〉 2030行動宣言レポート  〉 レポート06
 

2030行動宣言レポート 06
貧困と孤立を見過ごさず、自立に向けて寄り添い、支え合い、多様な居場所と働き方をつくります。

2030行動宣言レポート06 貧困と孤立を見過ごさず、自立に向けて寄り添い、支え合い、多様な居場所と働き方をつくります。
 
現代社会が生み出す貧困に目を向け、広がる格差と社会的弱者を孤立させる社会構造の変革をめざして、緊密なセーフティーネットを構築します。地域の連携を強化し、誰もが役割のある、お互いがたすけあえる社会をめざします。
 
    
 
社会的に不利な状況にある人々が、衣食住に関するサービスやケアを利用できるしくみをつくり、フードバンクや子ども食堂などを通して食の再配分と食育をすすめます。また、地域での学習支援や職業訓練のしくみを広げるとともに、社会的養護の下で育つ子どもや若者の伴走支援をすすめます。さらに、共済事業を広めることで、地域でたすけあえるしくみづくりにつなげます。
■社会的に不利な状況にある方へのサービスとケア

社会的に不利な状況にある人々が、衣食住に関するサービスやケアを身近に利用できるしくみをつくっています。その一環として、最低限度の生活の維持が難しい方などに対して、相談事業を行なっています。

 

「認定NPO法人コミュニティケア街ねっと」(千葉県)での家計相談の様子
■食の再配分と食育の推進

消費材をつくる生産者が集まる「生活クラブ親生会」と連携し、生活クラブフードバンクの取組みを推進しています。食品の提供先はこども食堂、居場所運営団体など、さまざまに広がっています。
 

組合員がボランティアで、食材の仕分け作業に取り組んでいます(フードバンク神奈川)
■誰もが役割のある場づくり

教育や進学に影響を及ぼす貧困の連鎖を断ち切るため、地域での学習支援や職業訓練のしくみを広げています。また、社会的養護の下で育つ子どもに対し一対一で継続的な支援をする、伴走型の支援をしています。
 

生活クラブ長野・辰野支部を中心に立ち上げたNPO法人「辰野自立支援の会あかり」の学習支援

 
■事業所数
 

地域数※事業所が立地する自治体数(市区町村)
組合員どうしのたすけあい「エッコロ制度」
 

生活クラブ独自のたすけあいの仕組みです。制度内容は各地の生活クラブによって異なりますが、組合員同士が「お互いさま」の気持ちでたすけあうという趣旨は同じです。現在、14都道府県の生活クラブで実施されています。

★『第一次生活クラブ2030行動宣言レポート2020』より転載/2021年2月
 

生活クラブをはじめませんか?

41万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。