本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

Rびん回収率UPキャンペーン


500㎖、900㎖のびんいずれか3本を返却すると応募できます

「Rびん」は、繰り返し使える地球にやさしい「リユースびん」です。びんに刻印された「R」マークが目印です。ごみを減らし、CO2を削減するRびんリユースのしくみを守るためにも、みんなで一緒にRびんの回収率アップをめざしましょう!

キャンペーン応募要項

キャンペーン期間中に500ml、900mlのRびんいずれか3本返却すると、「木製なめらかスプーン2本組」を抽選で888名様にプレゼント! 
 
プレゼントのお届けは2022年2~3月頃の予定です。

キャンペーン期間

2021年 11月26日(金)まで


応募方法

応募用紙を提出する
応募用紙に必要事項を記入して、配達便またはデポーの店頭で提出してください。

*応募用紙は、8/30から配布予定の『生活クラブOPINION グリーンシステムニュース』についています。
*このキャンペーンは、生活クラブ北海道・福祉クラブの各生協では実施しません。


▼こちらからも応募用紙をダウンロードすることができます。
応募用紙をダウンロードする  

※500ml、900mlのRびんいずれか3本を返却すると「一口」応募できます。応募は一人何口でも可能です。
※500ml、900mlのRびんいずれか3本と紙の応募用紙は別々に提出しても構いません。Rびんは随時回収します。対象Rびん消費材の購入時期は不問。
※一口の応募は「WEBでの応募フォーム」か「紙の応募用紙」のどちらか一方とします。フォームと用紙、両方での二重応募は不可。

キャンペーン対象品目

Rびんの返しかた

▼こちらをご参照ください

グリーンシステム・Rびんの返し方

【北東京生活クラブ】RびんとP袋の返却方法(動画 約5分40秒)*
*関西地方の生活クラブでは、P袋の返却方法は異なります。
 
WEBから応募する

びん回収率UPキャンペーンに応募する
受付終了:2021年11月26日

Rびんから始めよう! プラごみ削減

一般家庭から出るごみの約60%は、容器包装ごみです。なかでも使い捨てしやすいペットボトルや、プラスチック製容器包装などのごみが多くを占めています。河川でのごみ拾いでも容器包装が多く拾われている状況です。生活クラブはこうした容器包装ごみを減らすため、くり返し使えるリユースびんを採用。牛乳びんと、容量や形状の違う6種のRびんを回収・洗浄して再使用しています。Rびんのリユースを通じてプラごみの削減をすすめています。
出典:NPO法人荒川クリーンエイド・フォーラム
※このデータは荒川クリーンエイド・フォーラムが人力で行なったごみ拾いの収集結果のため、実際のごみ排出量とは異なる場合があります。
プラごみを減らすことで、環境や生態系を守る活動にもつながります。

びんの回収率80%をめざしています!

牛乳びんは約99%を回収できていますが、500㎖Rびんの回収率は約76%、900㎖は約79%(2020年度実績)でした。Rびん全体の回収には1人でも多くの方の協力が必要です。まずは回収率80%を達成し、さらなるステップアップをめざしましょう。


【なぜ回収率80%をめざすの?】
国の定めた「容器包装リサイクル法」は、事業者がリサイクル費用を負担する仕組みです。国から「自主回収容器」として認定された場合、その費用が免除されます。
生活クラブでは500㎖と900㎖のRびんで「自主回収認定」を受けていますが、これからも認定を維持するためには、回収率を80%以上に保つ必要があります。

グリーンシステムでCO2も削減!

2020年度はごみを年間で4,493t、CO2を2,733t削減しました。


グリーンシステム2020年度実績

生活クラブではグリーンシステムの回収率目標を定めて活動していますが、牛乳びん以外は目標に届いていません。回収率を高めることは自治体のごみ回収費用やCO2削減にもつながります。ぜひご協力をお願いします。
【2021年8月30日掲載】
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。