本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

熊本豪雨被害を受けた「生産者グループきばる」へ応援メッセージカードと見舞金を贈呈しました


(各地より届いた組合員からのメッセージ)
2020年7月、熊本県を中心に発生した集中豪雨では、各地に大きな被害がありました。被害を受けられたすべての皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。被災地の一日も早い復旧をお祈り申し上げます。

このたびの集中豪雨で被害にあった地域には、生活クラブと関係の深い産地があります。
2020年9月4日、生活クラブ連合会(本社:東京都新宿区、以下生活クラブ)は、この豪雨によって特に大きな被害にあわれた甘夏みかんの提携生産者、生産者グループきばる(以下、きばる)に対して、会員単協の組合員から寄せられた応援メッセージ485筆とともに、一日も早い復旧を祈り見舞金210万円を贈呈しました。

きばるは、甘夏みかんの提携生産者として生活クラブと40年以上の関係を築いてきた生産者です。甘夏の提携だけでなく組合員との交流も長く行なってきました。
生産者グループは、5つの地区に22名の生産者で組織されています。今回の豪雨によって山の斜面の崩落、河川の氾濫等が発生し2つの地区の7名の生産者が大きな被害にあわれました。

きばるの「甘夏みかん」は、全体の生産量の約8割を生活クラブに出荷しています。果樹は苗を植えてから安定的に収穫できるようになるまで5年程度かかるため、この先の生産量にも影響が出る可能性があります。
また、8月末時点で、行政による支援は住宅地などのライフラインの対応に限定されており、圃場・農業施設への支援はまだ見通しがたたないとのこと。

今回の豪雨で被害を受けた生産者の方々が一日でも早く復旧し、これまで通りの生産が継続できるようになることを願い、応援メッセージカードとともに、見舞金を贈呈します。

生活クラブ連合会では生産者の復興に寄り添い、今後も安定的に生産物を利用し続けることで生産を支えていきます。
(ファイルにまとめてメッセージを贈呈)
【掲載日:2020年9月15日】

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。