本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
生協の食材宅配【生活クラブ】
国産、無添加、減農薬、
こだわりの安心食材を宅配します。
ここからサイト内共通メニューです。

持続可能な社会づくりを目指し、新たに3つの課題解決にチャレンジし、さらにその先へ

「サステイナブルなひと、生活クラブ」をスローガンとする生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(本部:東京都新宿区、会長 村上彰一、以下生活クラブ)は、SDGs達成に向けた取組みとして「生活クラブ2030行動宣言」を2022年6月23日開催の第33回通常総会で採択いたしました。

2020年、「第一次 生活クラブ2030行動宣言」を策定し、SDGsの理念に通ずる7つの目標と、SDGsにとどまらない生活クラブ独自の目標の計8つの重要目標を掲げました。第一次宣言以降、実現に向けて数値目標を設定し、年度ごとに評価して進捗を確認しながら新たな課題の検証を続けてまいりました。このたび、世界的・社会的ニーズから、「第一次 生活クラブ2030行動宣言」にさらに3つの新しい重要な目標を追加し11の重要目標に統合しました。新しい目標は「重要目標4 気候や災害への危機対策」、「重要目標9 ジェンダー平等と多様な働き方の実現」、そして「重要目標10 他団体と連携した環境保全」です。
当会は1968年に協同組合として設立以来、50年以上にわたり、食を通して安全や健康、環境への配慮を追求してきました。2015年4月からは、「サステイナブルなひと、生活クラブ」をスローガンに掲げて、いまと次世代のいのちを大切に考え、限りある資源を循環させ、自給する活動に取り組んできました。現在では、共同購入活動だけでなく、生産者や関係者と協力し、地域を超えて循環と共生の輪を広げていこうと、ローカルSDGsを推進しています。
この50年以上の活動を通じ、食の安心安全の追求、国内自給力アップへの取組み、再生可能エネルギーの普及など持続可能な社会の実現に向けてさまざまなことを実践してまいりました。そのような当会にとっても、新たに掲げた3つの課題は、困難ではありますが、今後の社会づくりにおいて実現すべき課題です。そのため、目標達成に向けた数値を明確に位置付け、具体的な事業と活動をすすめていきます。また、目標の達成度を毎年検証し発表する冊子を作成し、当会だけでなく、その関係するすべての人と協力して実現を目指してまいります。

生活クラブ2030行動宣言についてはこちら

生活クラブをはじめませんか?

42万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

生活クラブのSNS公式アカウント
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。