本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

【「サステイナブル フェス!2021」開催レポート】「サステイナブル」な暮らしをリアルで・オンラインで5か月に渡って発信

関連インスタグラム投稿数 累計1万2千件 突破!全国各地で参加型イベント 計152件 実施!

生活クラブ事業連合生活協同組合連合会(本部:東京都新宿区、会長 伊藤由理子、以下生活クラブ)は、「サステイナブルなひと、生活クラブ」をスローガンに掲げ、いまと次世代へ豊かな社会を手渡していくための活動に積極的に取り組んでいます。その活動の輪を生活クラブの組合員はもちろん、そうでない方にもさらに広げるため、21の都道府県に展開する生活クラブ全体で「サステイナブル」な暮らしへのヒントを楽しみながら体感していただく「サステイナブル フェス!2021」を2021年4月5日(月)~8月31日(火)の5か月間に渡って開催しました。

今年はオンラインとリアルの両軸展開で合計152件のイベントを実施。また、 「サステイナブルな暮らしのヒント」のシェアを目的に募集したInstagramの関連投稿数は、今年の開催期間内で4,643件、昨年からの累計で1万2千件を突破しました(昨年投稿数:7,713件)。本レポートでは、「サステイナブル フェス!2021」で実施したイベントや発信してきたコンテンツの内容をまとめてお知らせします。
 
全国各地で様々なイベントを開催しました!
甲子園浜の生き物観察【兵庫県】
加工用トマトの苗植え【山梨県】
美浜区の海岸クリーンアップ活動【千葉県】
2年目を迎えた今年は、リアルとオンラインの両輪で開催しました。COVID19の感染対策をとりつつリアルなイベント、Instagram、ライブ配信などを実施し、多くの人とサステイナブルな暮らしを共有できました。このフェスの目的は次の世代に「サステイナブル(持続可能)な社会」を手渡すこと。そのためにできることはまだ色々あるので、次年度も継続の予定です。人・環境・社会へのやさしさと想像力をもって次を計画してまいります。

サスティナブルフェス! 2021実施内容

※一部を抜粋してご紹介いたします。

■キックオフイベント 4月19日(月)
「生活クラブとSDGs 持続可能な暮らしとは?」をテーマにパネルディスカッションをオンラインで開催しました。
出演者:
シンプルライフ研究家 マキさん
有限会社ザリガニワークス 武笠太郎さん
SDGsナビ代表 嶽釜勇一郎さん(ガマ兄)
PR総研代表 池田健三郎さん
生活クラブ連合会会長 伊藤由理子

アーカイブ配信のURL
https://youtu.be/qHL9Pa8IGQ8


【リアルイベント】


■クリーンアップ大作戦
川辺や海岸、または身近な場所のごみ拾いを行なってごみとしてどんなものが排出されているかを把握しました。そこからごみを出さない暮らしやマイクロプラスチック問題を学習し、サステイナブルな暮らしを考えました。
千葉県美浜区にて
兵庫県の甲子園浜にて
■創作昆虫ムシボット(協力:有限会社ザリガニワークス)
既製品のおもちゃがなくても楽しく遊べるワークショップ。木製のベースキットに、拾った葉っぱや木、家に眠っているボタンなどの端材やプラスチックごみを使って、自分だけの新種の昆虫を創作しました。また今年は、子どもたちの創造力をさらに膨らませるため、プロのクリエイターや芸術家の皆さんにもご参加いただき、アーティストの作った虫への名前を一般公募する「ネーミングコンテスト」も実施しました。

アートディレクター・小林令佳さんの作品
ネーミング大賞:フロスカラハギクワガタ 命名者:だいさん

 
彫刻家・稲垣慎さんの作品
ネーミング大賞:ヨイドレカベヨジリムシ 命名者:隣のみみみーるさん
取材漫画家/イラストレーター・新里碧さんの作品
ネーミング大賞:ヒャクアシボックリ 命名者:とまさん

 
ネイリスト・木南里穂さんの作品
ネーミング大賞:ツマサキウツクシムシ 命名者:三毛三子さん


【オンラインイベント・コンテンツ】


「サステイナブル フェス!」公式YouTubeチャンネルと特設ページで展開しました。

■「サステイナブル フェス!」公式YouTubeチャンネルを開設


公式YouTubeチャンネルでは、以下のコンテンツをアップしました。

<全国の生活クラブのイベントムービー>

各地域で行われたサステイナブル フェス!のイベントの模様を短い10本の動画にしてアップしました。サステイナブルを切り口とした幅広いテーマでのイベントを紹介し、サステイナブルな暮らしのヒントを楽しくシェアしました。
<YouTube 番組 「サステイナブルCLUB」>
いま話を聞きたい!ステキなゲストをお迎えして、心地よく暮らしながら社会問題を解決するヒントをお聞きするYouTube番組。放課後のクラブ活動のように、ちょこっと真面目に、だけど気軽に楽しむための“学べる”ムービーを4本制作しました。
エダモンのキッチンから考えるサステイナブルな暮らしと社会 前・後編
 
教えて!せやろがいおじさん 社会のモヤモヤ解消法 前・後編
<サステイナブル フェス!Live配信>
料理家 川上ミホさんとシンプルライフ研究家 マキさんをゲストにお招きし、毎日の生活の中で実践できる「サステイナブルな暮らし」のヒントをライブ配信しました。配信中は視聴者からチャット欄に寄せられたコメントや質問を紹介して盛り上がりました。
川上ミホさん流 「五感で楽しむフードロス削減」
◆料理家・エッセイスト 川上ミホさん プロフィール
国内外のレストランでの経験を経て独立。食のスペシャリストとして書籍・雑誌、TVなどで活躍。

 
マキさんのシンプルライフ講座 「やらない省エネ」
◆シンプルライフ研究家 マキさん プロフィール
不要なものは持たないシンプルな暮らしを綴ったブログ「エコナセイカツ」主宰。「本当にお気に入りだけに囲まれた、心と時間にゆとりを持つ豊かな暮らし方」を提案している。著書に「なくす家事」(KADODAWA)や「マキ流 暮らしのセンスの磨き方」(宝島社) など多数。
公式ブログ「エコナセイカツ」
https://www.econaseikatsu.com/
■【Instagram】「サステイナブルな暮らしのヒント」の投稿募集
昨年に続いて、ハッシュタグキャンペーンを今年も実施しました。体験イベントの感想、毎日の暮らしで取り入れている環境や社会、人にやさしい「サステイナブル」な行動に「#サステイナブルフェス」のハッシュタグを付けていただく形で、皆さんからの投稿を募集しました。投稿数は特設サイトで集計して表示。今年の投稿数は最終的に4,643件となりました。昨年は7,713件の投稿があり、累計で12,356件と1万件越えを達成しています。
かつお丸ごと一尾食べました
 
びん型ソーラーランタンを常夜灯に
 
風呂敷を活用
なお、オンラインコンテンツは、現在も特設サイトやYoutubeチャンネルにて、アーカイブ映像を視聴いただけます。ぜひご覧ください。



【2021年9月21日掲載】

 

生活クラブをはじめませんか?

41万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。