本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

福祉たすけあい活動支援制度

福祉たすけあい活動支援制度とは
福祉たすけあい活動支援制度は、生活クラブ共済連の共済事業の剰余金(教育事業等繰越金)を活用して、会員単協の福祉・たすけあい活動を支援する制度です。

生活クラブがめざしている「誰もが安心して暮らせる地域」の実現に向けて、2011年度から支援しています。

支援制度の経過

福祉活動・福祉事業に関する費用支援のため、2011年度に「福祉活動・事業 費用支援制度」が始まりました。2014年度には、制度を一部変更し「福祉たすけあい助成制度」と名称変更しました。

その後、福祉事業の新規展開などに助成するための「生活クラブ福祉事業基金」が立ち上げられたのに伴い、2018年度からは「福祉たすけあい活動支援制度」と名称変更し、福祉活動の支援に特化した制度として支援を継続しています。

・2011~2013年度 福祉活動・事業 費用支援制度 
・2014~2017年度 福祉たすけあい助成制度 
・2018年度~ 福祉たすけあい活動支援制度 

支援の内容の例

会員単協の福祉政策策定、エッコロ共済制度の導入、高齢者・子育て・障がい者に関する活動、居場所など

これまでの実績(PDFデータが開きます)

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。