本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

生活困窮者支援

生活困窮やさまざまなハンディを持つ人々が安心して生活ができる社会の実現!
非正規雇用や失業による所得の減少など複数の要因が連鎖して生活困窮に陥る人が増えています。
働きたくても働けない、住むところがない等、生活に困難を抱えた人々が抱える問題に寄り添い、解決に向けた支援を行っています。

 

社会的養護のもとで育った子ども・若者の自立支援

児童養護施設や里親など「社会的養護」と呼ばれる公的な支援のもとで育った子どもたちは、18歳になると原則として施設や家庭を出て自立することが求められます。

しかし、大人のサポートなしに自立するには経済面や精神面など多くの壁があり、挫折してしまう若者も少なくありません。

生活クラブは、首都圏若者サポートネットワーク(運営委員長:宮本みち子、顧問:村木厚子)の運営に参画して、社会的養護のもとで育った子ども・若者が自立して生活できるまでの支援体制と持続的な伴走支援を行なうしくみづくりを行っています。

若者おうえん基金

社会的養護のもとで育った子ども・若者たちの、自立に向けた支援体制づくりを目的に、首都圏若者サポートネットワークが運営する基金です。
困難な状況に苦しむ子ども・若者たちには、信頼できる伴走(支援)者が不可欠です。

「若者おうえん基金」は、子ども・若者に寄り添って支援を行なう伴走者たちの活動に助成金を給付することで、彼らが信頼できる大人と共に自立に向けて歩む後押しをしていきます。

生活クラブ フードバンク

フードバンクは余っている食べ物を、困っている人へ提供していく活動。

この「困っている人」の存在は日本では長い間見えにくいものでしたが、子どもの7人に1人が、所得が少なくて生活が苦しい貧困状態でといわれています。

このような社会状況の一方で、食品ロスが問題となっています。消費者庁「平成30年度消費者白書」によれば、日本国内の年間の食品廃棄物量等は約2842万トン、そのうち食品ロスの量は約646万トンです。

生活クラブは、提携生産者の団体「生活クラブ親生会」と協同して、独自のフードバンクのしくみをつくり、社会的課題への解決にむけた活動にとりくんでいます。

生活クラブの生活困窮者支援の施設・団体

生活クラブグループや他団体と連携して、社会課題である貧困の連鎖を解決するための生活困窮者支援のしくみづくりに取り組んでいます。

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。