本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

再生可能エネルギーを「つくる」

生活クラブでは、エネルギーの使用を「減らす」、再生可能エネルギーを「つくる」、再生可能エネルギーを「使う」ことを柱にエネルギーの自治をすすめています。

 

庄内・遊佐太陽光発電所 FECネットワークを目指して

 
(動画 5分07秒)

自らの力で再生可能エネルギーを広げたい

生活クラブでは、化石燃料の消費に頼った社会のあり方を見つめ直し、さらに、脱原発社会を実現させるために、エネルギーを再生可能エネルギーへシフトして行きたいと考えています。
また、再生可能エネルギー電源の開発を大手資本に独占させてしまうのではなく、提携生産者や提携団体、意志ある市民団体や市民と広くつながり、力を結集してすすめたいと思っています。
生活クラブでんきのお申込みはこちら
※生活クラブエナジーのウェブサイトが開きます

生活クラブ自ら発電しています

生活クラブでは、配送センターなどの生活クラブの施設に太陽光パネルを設置したり、食材などの提携生産者や市民団体とともに風車や太陽光パネルの建設をすすめ、再生可能エネルギーによる発電を始めています。この電気は、生活クラブ施設や提携生産者、そして組合員の家庭へ供給されています。

全国の発電所についてはこちら(生活クラブエナジーのページが開きます)

「生活クラブでんき」は自然エネルギーの電気をつくり、使う仲間を増やしながら、原発のない未来をめざしています。
その想いはさまざまなカタチとなってつながり、広がっています。
 

 生活クラブの提携産地でつくる電気 
《山形県太陽光》
株式会社庄内自然エネルギー発電 庄内・遊佐太陽光発電所

生活クラブと長年の提携関係にある山形県庄内地域に誕生した、大規模な太陽光発電所です。生活クラブと消費材をつくる生産者からの出資と、4億1,000万円をこえる市民ファンドにより建設されました。
一般家庭の年間電気消費量に換算して5,700世帯分の電気を発電します。2019年2月より「生活クラブでんき」に電力を供給しています。

遊YOU米の産地である遊佐町に建設されました。月光川沿いにあった、昔の砕石工場跡地を利用しています
 

 地域の資源でつくる電気 
《福島県太陽光》
会津電力株式会社 雄国太陽光発電所

地元の水や米を使って郷酒をつくってきた、大和川酒造店の佐藤彌右衛門さんが中心となり設立したのが会津電力です。地域の資源による安全で持続可能なエネルギーをめざしています。

生活クラブと縁あってつながり、今では酒造りに「生活クラブでんき」を使っています。

*右写真:大和川酒造店の「純米辛口弥右衛門」

大和川酒造店の佐藤弥右衛門さん。電気からはじまった提携が、お酒へと広がりました
 

 組合員が中心となりつくる電気 
《兵庫県小水力》
住吉川小水力市民発電所

生活クラブ都市生活の組合員が中心となり「住吉川小水力発電所を実現する会」を立ち上げ、2020年度の稼働に向けて活動をすすめています。建設予定地を訪れる見学会を開催したり、地域の歴史を学ぶ機会をつくったりと、地域に根ざした発電所となることをめざしています。

発電所の建設をすすめる仲間とともに、発電所の建設予定地を見学に行きました

再生可能エネルギー100%をめざします

生活クラブが供給する電気の再生可能エネルギーの電源構成率は60%程度(2019年2月現在)。そこには、生活クラブで発電した電気のほか、生活クラブの思いに共感した市民発電所などの電気が含まれます。生活クラブは、再生可能エネルギーによる発電所を増やし、再生可能エネルギー発電所との提携をすすめ、再生可能エネルギー100%をめざしています。
生活クラブでんきのお申込みはこちら
※生活クラブエナジーのウェブサイトが開きます


 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。