本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
トップ  〉 活動・とりくみ  〉 環境へのとりくみ  〉 再生可能エネルギーを「使う」

再生可能エネルギーを「使う」

生活クラブでは、再生可能エネルギーを中心とする「生活クラブでんき」を生活クラブの施設で使っています。さらに、全国各地で数多くの組合員世帯が「生活クラブでんき」を共同購入しています。 【2021年11月8日更新】
※生活クラブエナジーウェブサイト
 

電気の共同購入


2016年の電気の小売自由化により、消費者が電気を選べるようになりました。料金やサービスなど、いろいろな理由で電気を選ばれている方もいらっしゃることでしょう。 生活クラブでは再生可能エネルギーを中心とする「生活クラブでんき」を共同購入しています。


 
※「生活クラブでんき」お申込みウェブサイト
 

 

私たちが「生活クラブでんき」を選んだ理由

\わが家は電気を切替えました!/
生活クラブ東京 加瀬 奈穂子さん
子どものために食と環境を大切にしたいと生活クラブに加入。脱原発や風車建設の活動も支持してきました。東日本大震災後、原発はない方がいいという想いが一層強くなり、自宅に太陽光パネルを設置。その後「生活クラブでんき」がスタートし、すぐに契約したのは自然な流れでした。原発の電力を使わずにすみ、ストレスが減りました。
娘・ひなたさん(高校3年生)
小学生の頃から家に太陽光パネルがあるので、それがわが家の自然な風景です。環境を守っていくために、部屋の電気をきちんと消すなど、自分ができることから頑張っていきたいです。
【2021年10月】

 

再エネ100%と脱炭素、脱原発をめざす「未来へつなげる♪エネルギーアクション!」


日本のエネルギーのあり方を決める、国の第6次エネルギー基本計画が改定されました。気候危機への対策が待ったなしの状態のいま、生活クラブでは以下の3つの意見をエネルギー基本計画に盛り込むことを求める、「未来へつなげる♪エネルギーアクション!」(以下、エネルギーアクション)を2021年3月から展開してきました。おおぜいの仲間とともに取り組んできた、これまでの活動についてご紹介します。

国のエネルギー基本計画改定に対する生活クラブの3つの意見
2030年エネルギー基本計画で再生可能エネルギー電力目標を60%以上、2050年は100%とすること。
巨大なリスクを抱える原子力発電は即刻廃止し、石炭火力発電は段階的に縮小し2030年までに廃止すること。
脱炭素社会に向けて、再生可能エネルギー主力電源化の実現にむけた推進と政策転換を早急にすすめること。

エネルギーアクションをすすめていくにあたり、生活クラブは2021年3月に声明文を発表しました。 


東京電力福島第一原発事故から10年を迎えた、2021年3月11日にオンラインで開かれた催しです。エネルギーシフトが進む世界の動向と福島原発事故後の日本の現状と課題を、100名以上の登壇者が発信しました。生活クラブはこのイベントに協賛するとともに、「国内外の取組み」をすすめる団体の一つとして登壇。「3.11から2030エネルギー基本計画の改定を問う!」をテーマに、エネルギー基本計画の方向性と課題について、市民の視点から報告と提案を行ないました。
 


おおぜいの仲間とともにエネルギーアクションをすすめるため、組合員を中心に構成された実行委員会が学習会を開催。さまざまな知見を持つ専門家を迎え、講演会とパネルディスカッションをオンラインで行ないました。300人以上の組合員が参加し、脱炭素化に向けた世界と日本の状況や、制度改革、発電所建設など、さまざまな角度から再生可能エネルギー100%の実現について考えました。
また、エネルギーアクションをすすめる組合員や生産者がメッセージを発信しました。
 


気候変動の問題が主要な議題となるG7サミット開催の直前の6月10日、生活クラブは改定作業中のエネルギー基本計画に対し、再生可能エネルギーの推進などの政策を盛り込むことを求める署名を提出しました。3月からスタートした活動で集まった署名は、「あと4年、未来を守れるのは今」キャンペーンと合同で計274,830筆。署名提出に際し、国会議員や関係省庁に向けて、脱原発・脱石炭、持続可能な再エネ100%を求める「G7サミット直前全国アクション」集会を開催しました。さらに賛同した団体や市民によるスタンディング・アクションを、全国122ヶ所で実行しました。
 
衆議院会館にて、274,830筆の署名を内閣総理大臣ほか、3人の大臣あてに提出




生活クラブと、学生団体などが参加する「あと4年、未来を守れるのは今キャンペーン」が、ほぼ同内容の署名を集めていたため共同で署名を提出。集会とスタンディング・アクションには、組合員や学生、環境団体ら、オンライン・オフライン含めて17団体が参加しました
 


各地の生活クラブで、組合員が居住する地域の自治体や首長宛てに、意見書を提出する活動が広がりました。意見の内容は脱炭素社会を実現するための政策転換や、エネルギー基本計画改定に向け自治体から国に意見を出すことを求めるものなど。14地域の組合員が活動に取り組み、165の自治体へ意見書を提出。そのうち34件が採択される成果をおさめ、国を動かす大きな力の一つとなりました。

 


気候危機を止め、今も、この先も人が人らしく自然とともに生きられる社会の実現を見据え、生活クラブ連合会は国のエネルギー基本計画改定案に対し、右記の3つを含めた計15のパブリック・コメントを提出しました。
さらに、各地域の生活クラブや組合員個人からも多数の意見を提出しました。




エネルギー基本計画は方向性を決めるものであり、具体的な制度をつくっていくのはこれから。政策の議論はまだまだ続きます。脱炭素が企業の命題となっているいま、実際にエネルギー基本計画通りに動く企業ばかりではないはずです。社会を構成しているみんなで声をあげ続けることが大切です。
NPO法人 気候ネットワーク国際ディレクター・理事 平田 仁子さん

 

再生可能エネルギー100%と脱原発をめざしています

気候変動の原因とされる温室効果ガスをほとんど排出しない、再生可能エネルギー100%の電気をめざしています。化石燃料や原発に頼らずに、エネルギーの原料を国内で自給できる太陽光や風力などの発電方法を選択。「生活クラブでんき」を使う仲間を増やすとともに、発電所の建設と各地で電気をつくる生産者との提携をすすめています。電気も食べものと同じように、原料やつくり方がきちんと分かるものを納得して利用したいと考えています。
■エネルギーの原料は身の回りにあるもの
再生可能エネルギー発電に使う原料は、すべて身の回りにあるもの。原料を輸入するためにかけていたコストを国内で循環できるようになり、地域活性につながるしくみがつくれます。

原子力発電に使うウランや、火力発電に使う石炭、石油、天然ガスなどは、すべて海外からの輸入に頼っています。
■CO2排出をゼロに
2030年にはすべての石炭火力発電所を廃止して、発電によるCO₂排出ゼロにしたいと考えています。

さまざまな発電方法を取り入れる「エネルギーミックス」をすすめていますが、石炭火力発電も引き続き運用予定です。
■原発を即刻廃止し脱原発へ
大きなリスクを抱える原子力発電はすぐにでもストップし、原発のない世界をめざしています。

再生可能エネルギーの割合を高めていくものの、原発は運用を続ける予定です。
■目標は再生可能エネルギー100%
太陽光や風力、小水力、木質バイオマス発電など、環境負荷が少なく、資源が枯渇する心配のないエネルギーを選択しています。
2030年までに再生可能エネルギー100%が目標です。

2030年のエネルギーミックス目標の内訳は、再生可能エネルギー発電が36~38%、火力発電が41%、原子力発電が20~22%。

 

全国に広がる「生活クラブでんき」の再生可能エネルギー発電所


※(株)生活クラブエナジーが、生活クラブ事業所および関連施設と組合員宅に供給した実績をもとに算出。
最新の電源構成は生活クラブエナジー公式サイトで確認できます。
生活クラブ関西 岸和田デリバリーセンター
関西6生協の物流を担う生活クラブ関西が、配送拠点の屋根に太陽光パネルを設置。2014年から発電を続けています。
田んぼ電気プロジェクト 音羽米発電所
生活クラブ愛知が独自に取り組む、「音羽米」の生産者がつくった発電所。水田の畔や、精米施設の屋根で太陽光発電をしています。

 
 

約65%が再生可能エネルギー発電所からお届け

「生活クラブでんき」の約65%の電力が、再生可能エネルギーの発電所から生活クラブエナジーを通じて届いています。(2020年度実績)
 
※生活クラブエナジーが、生活クラブ事業所および関連施設と組合員宅に供給した実績をもとに算出。
※生活クラブエナジーがこの電気を調達する費用の一部は、生活クラブエナジー以外のお客様を含め、電気をご利用の皆様から負担された再生可能エネルギーに関する賦課金によって賄われており、この電気のCO2排出量については、火力発電なども含めた全国平均のCO2排出量を持った電気として扱われます。
※旧一般電気事業者からの常時バックアップおよびインバランス補給などを受けた電源については、「その他」の扱いとしています。2019年度のCO2排出係数(調整後排出係数)は0.395です。(単位:kg-CO2/kWh)

再生可能エネルギーによる電力は約18%です。(2019年度実績)
電源構成はきちんと開示
電源構成の公開は義務化されていないため、公開する企業は少ないままです。生活クラブでは情報公開は大前提です。毎月の明細書に電源構成を記載してお知らせするほか、生活クラブエナジーのウェブサイトでいつでも確認できます。
 

電源構成の開示は「推奨」であって「義務」ではありません。そのため、価格で電気を選ぶ人が多いのが現状です。

 

再生可能エネルギーをひろげる基金


「生活クラブ自然エネルギー基金」は、再生可能エネルギー発電所の開発や、省エネルギー活動などに活用するための基金です。「生活クラブでんき」を利用している方は任意で参加でき、電気料金の5%が基金への寄付として毎月の電気料金に上乗せされます。

2020年度末の時点で4,981人の方が参加。2017年度から2020年度の4年間で、総額15,800,204円の助成を行ない活用されています。

「生活クラブ自然エネルギー基金」の2019年度の実績につきましては、(株)生活クラブエナジーのWEBサイトをご覧ください


「生活クラブでんき」を供給・販売する(株)生活クラブエナジーは、各地域の生活クラブが出資してつくった電力小売会社。いわば「生活クラブでんき」を契約して利用している、組合員みんなの会社です。「生活クラブでんき」を継続して利用し剰余が生まれた場合は、利用者に割戻として返すことになりました。剰余が見込まれる場合に、使用された電気料金に応じて割戻による還元を翌年度に行ないます。
【対象期間】
2021年4月検針分で発生する電気料金から、利用者還元割戻の検討の対象になります。割戻を実施する場合は2022年からとなります。

 
 

電気の産地との連携を深め、顔の見える関係に

電気の共同購入で広がる地域とのつながり

「生活クラブでんき」の共同購入は、単に「電気を購入する」だけではありません。
生活クラブに電気を供給する発電所を、ともに再生可能エネルギーを推進する仲間と捉え、顔の見える関係を築き、産地の地域活性に貢献しています。
例えば、生活クラブ風車「夢風」が建つ秋田県にかほ市と、風車を建てた東京・神奈川・埼玉・千葉の生活クラブの間では、地元生産者とオリジナル食品を開発・共同購入したり、地元の小学校のエネルギー学習に組合員が講師として出向いたりなどの活発な交流がなされています。
※にかほ市の生産者との交流イベント

 

切替えはカンタン!電気の安定性も変わらないので安心

「生活クラブでんき」への切替えは、WEBで申込みをするか、必要な書類を提出するだけでOK。電力会社を変更しても、電気は同じ送電線を通って送られてくるため、電気の品質(停電のリスク等)は変わりません。万が一、電力調達が不足しても地域の送配電事業者から補給されます。気になる電気料金は契約前に「生活クラブでんき」のWEBサイトでシミュレーションできます。
「生活クラブでんき」を使用した場合の料金を算出できます。お住まいの電力エリアや、現在の契約容量などを入力するだけ。料金だけでなく、CO₂排出量も比較できます。

*電気料金のシミュレーションはこちらから!
生活クラブエナジー 電気料金シミュレーション
 

切替え前の不安はこちらで解決! 生活クラブでんきのQ&A

Q 電力会社の切替えに費用はかかりますか?
A 切替えに費用はかかりません。なお、途中で解約する場合の違約金なども発生しません。
Q マンションやアパートでも電力会社は替えられますか?
A 電力会社と各家庭が直接、電力会社と契約している場合は可能です。ただし、マンション・アパート単位で一括して契約している場合は替えられません。
Q 切替える際に工事や立会いは必要ですか?
A 基本的には不要です。スマートメーターの設置が済んでいない場合は、原則として各エリアの送配電事業者によって取付け工事が行なわれます。
こちらも原則、工事立会いや費用負担はありません。詳しくは各エリアの送配電事業者(地域の電力会社)にお問合わせください。
Q クレジットカード払いはできますか?
A クレジット決済ご希望の方は、生活クラブエナジーWEBサイトの「新規お申し込み」フォームから申込んでください。契約申込書では受付けていません。
Q 自宅の太陽光発電設備で発電した電力は買取ってもらえますか?
A 固定価格買取制度の満了を迎えた太陽光および、固定価格買取制度を利用していない太陽光の余剰電力の買取りをしています。
*詳しくはこちらから
生活クラブエナジー 太陽光買取

 

お申込みからご利用までの流れ

ウェブで申込みの場合

※「生活クラブでんき」お申込みウェブサイト
 
※「生活クラブでんき」への新規契約でクレジットカード決済をご希望のかたはWebでお申込みください。
 

契約申込書で申込みの場合



電力契約申込書のお届け
お申込み頂いた方に、㈱生活クラブエナジーの電力契約申込書と詳しい資料を郵送いたします。


2枚の申込書に記入して郵送

「電力契約申込書」と「口座振替依頼書」に記入して、同封の封筒で郵送をお願いします。
*電力会社からの請求書と印鑑をご用意ください。
 

契約が完了したら、ご自宅への供給スタート!

契約完了後、3ヵ月後の検針日から供給開始!

生活クラブエナジーの会員専用サイトから毎日の使用量がチェックできます

 
※「生活クラブでんき」お申込みウェブサイト
 
※生活クラブエナジーウェブサイト
 

でんきLifebook

生活クラブのでんきLifeBOOk
「でんき LifeBOOK(2021年版)」を掲載しました(2021年5月28日)。
バナーをクリックすると電子ブックで読めます。

 

 

生活クラブをはじめませんか?

41万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。