本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。
トップ  〉 活動・とりくみ  〉 食の安全へのとりくみ  〉 「持続可能な生産と消費」推進制度(消費材Step Up点検)

「持続可能な生産と消費」推進制度(消費材Step Up点検)

安心して利用できる消費材をめざして
消費材は自主基準の規格を満たしデビューしても、そこで「完成品」にはなりません。デビュー後も、安全面・健康面・環境面の課題を意識し、さらなる向上をめざします。そのための独自の仕組みが「持続可能な生産と消費」推進制度です。
日々必要なものだからこそ、誰もが安心して食べ、使える消費材にすることが、健康で安心して暮らせる社会の基礎をつくります。

「持続可能な生産と消費」推進制度の仕組み


自主基準の新設・改定
生活クラブでは、消費材10原則に基づき、農業・漁業・畜産・加工食品・生活用品・容器包装・放射能の分野ごとに具体的に自主基準を定めています。
自主基準には消費材に求める規格仕様と実現したい(目指すべき)推奨レベルがあります。必要に応じて自主基準は新設・改定がなされます。

自主基準の取り組み報告
生産者は消費材ごとに、自主基準の達成度合いを点検します。その結果と生産者が消費材向上のために取り組んでいることを、生活クラブに毎年報告します。これを「自主基準登録」と呼びます。

消費材Step Up点検
組合員は生産現場(製造現場や圃場など)を訪れ、消費材がどのようにつくられているかを確認します。現場では特に聞きたいこと、点検したい内容に的を絞って見ていきます。
生産者は組合員の要望に応じて情報を開示し、消費材の原材料や生産工程、工場内の設備などを公開。組合員の質問に答えます。
組合員は確認したことや意見を点検報告書にまとめ、生産者に伝えます。課題があった場合は指摘します。

消費材の利用・改善・向上
消費材をつくり育てる(生産者)
生産者は、組合員から出された意見や指摘を受け止め(時に検討し)、消費材の品質と生産管理レベルのさらなる向上に取り組みます。
消費材のよさを知り、使って育てる(組合員)
組合員は、消費材の優れた点やおいしさの理由、生産者のこだわりなどについて、広報紙や会話などを通じて、多くの組合員に伝え、利用拡大につなげます。

消費材10原則に基づく自主基準


自主基準は「生活クラブの消費材10原則」に基づき、組合員と生産者の代表が話し合い、合意をもって一つひとつ定めています。消費材の品質を支え、向上させる自主基準の事例を「消費材10原則」の内容とともに紹介します。


第1原則 安全性を追求します

食品添加物や農薬の使用を限りなく削減するとともに、独自の放射能検査を実施することで食品の安全を確かなものとします。人体や食品に直接触れるものへの化学物質の使用についても安全性を追求します。
  • 農薬の不使用または指定した毒性の強い農薬の削減を推奨
  • プラスチック製容器包装に使用される添加剤の削減を推奨
  • 国の認定820品目に対して、表示義務のある加工食品は86品目のみを許容
  • 自主基準値を超える消費材の供給停止


第2原則 遺伝子操作された原材料は受け入れません

生命の倫理に反し、企業による種の支配を招く“食べ物の遺伝子操作”に反対します。原材料だけでなく、飼料などにおいても遺伝子組み換えのものは使わないことを基本とします。


  • 万が一、原材料に遺伝子組み換え作物を使用する場合はその旨を表示
  • 遺伝子組み換え飼料の不使用を推奨
  • 【例】「甘口カレールウフレーク」 
    包材の裏面に「遺伝子組み換え対策情報」が記載されています
  •  
    「食べるカタログ」には、対策状況がわかるマークが表示されています


第3原則 国内の自給力を高めます

共同購入を通じて、生命の産業である農業・林業・漁業・畜産業の持続力を高めます。飼料や原材料についても国内自給力の向上をはかり、持続できる生産体系と食料の安定確保、地域の環境保全に尽力します。
  • 担い手や環境教育の機会づくりを推奨
  • 国産畜種の導入を推奨
  • 国産原材料(8割以上)の使用を推奨


第4原則 公正で責任ある原材料の調達をめざします

原材料の生産環境における生物多様性や、生産に従事する人々の人権に配慮した責任ある調達をめざします。また、外国産原材料・海外産品にもフェアトレードとトレーサビリティを追求します。

  • 生産者の自立を助ける輸入原材料の使用を推奨
  • 消費材に20%以上配合している外国産原材料について、生産者や安全性などを調査
生産者は毎年、収穫時期の7月に産地のブラジルを訪ね、「森のコーヒー」の点検を行っています

第5原則 素材本来の味を大切にします

人工的に精製された化学調味料には頼らず、素材本来の味を大切にします。そして、さまざまな食材をバランスよく食べる知恵や文化を共有し、健康で豊かな食を実現します。

  • 家畜の生理・生態に適したストレスのかからない飼養環境の整備を推奨
  • 調味料(アミノ酸)など、不要な食品添加物の使用禁止
L’sポークウィンナーと一般的なウィンナーの比較


第6原則 有害化学物質を削減します

“疑わしきは使わず”という予防原則に基づき、健康をおびやかし環境を破壊するおそれのある化学物質の使用を減らすとともに、環境への放出を削減します。

  • 製造現場では手洗い用の合成洗剤をやめ、せっけんの使用を推奨
  • 環境ホルモン物質を含む原料の不使用を推奨
  • L’s肉厚わかめの生産者である重茂漁協の生産加工場では合成洗剤を使用していません


第7原則 3Rを推進し、さらなる資源循環をすすめます

消費材の生産、流通、消費段階での3R(リデュース、リユース、リサイクル)を推進します。最終的に処分をせざるをえない廃棄物を削減し、さらなる資源循環をめざします。

  • ガラス素材のリユースびん(Rびん)の使用を推奨
  • 製造過程で発生する廃棄物を肥料に使用するなどリサイクルの実施を推奨


第8原則 温室効果ガスの排出削減をすすめます

消費材の生産から流通、消費、廃棄に至るすべての過程で排出する温室効果ガスについて、未来の責任を果たすべく、長期的な視野に立った数値目標をもって継続的に削減をすすめます。

2018年度に、消費材の全分野を対象とした省エネルギーと創エネルギーに関する推奨基準を新設

※省エネルギー無駄を省いた効率的な利用
※創エネルギー再生可能なエネルギーなどを活用

年間18000MWhの発電量を見込む、生活クラブのメガソーラー「庄内・遊佐太陽光発電所」(山形県飽海郡遊佐町)


第9原則 積極的に情報を開示します

安全・健康・環境に影響を及ぼす情報については、たとえ不利益につながる情報であっても積極的に開示します。



原材料や消費材の残留農薬や重金属類、放射能などを自主的に検査し報告することを推奨


放射能検査結果をwebで公開中

 


第10原則 独自基準を定め、自主的な管理をすすめます

原材料の調達から生産、流通の各段階で独自の基準を定めて、自主的な管理と点検をすすめます。そして、共に学び、高め合うことができる制度を継続・発展させます。
 
各自主基準の項目は「推奨レベル」「標準規格」「要改善規格」の三種類で構成しています。

推奨レベル:到達・実現を推奨する内容
(例)除草剤の不使用、畜産での飼料米の導入、養殖での水産用医薬品の不使用など

標準規格:守るべき水準。
(例)許容していない食品添加物の不使用など

要改善規格:早期に改善することが必要
(例)毒性の強い農薬の使用など
★『生活クラブOPINION』2019年5月4回号の記事を転載しました。

消費材Step Up点検

消費材Step Up点検 組合員と生産者でよりよい消費材を育てるために

生活クラブでは組合員と生産者が対等の立場に立ち、生産現場の点検などを通じてともに見直しを重ねています。
互いに協力しあって、今、そして次世代にわたり安全に、安心して食べ、使える消費材になるように育てていきます。

20年以上の点検活動で培った消費材の質を今後も高めていきます
生活クラブの「消費材Step Up点検」は、1997年に「大ぜいの自主監査」として始まって以来20年以上にわたり続けられている、消費材をつくるうえでもっとも重要な活動です。実施回数は、のべ1, 244回。これほど多く自主的な点検活動を行なってきた例は他になく、生産者との信頼関係があるからこそ可能な生活クラブ独自の取組いちばんの特徴は、ふだん接する機会のない生産者と組合員とが直接対話できること。コロナ禍の影響により対面での点検が叶わなかった2020年度も、生産者とのつながりを維持するため、オンラインで点検を行ってきました。形式が変わってもともに緊張感を保ち、率直な意見を交わし続けることで、よりよい消費材へとつなげていきます。

組合員と生産者が協力し、消費材のステップアップを図ります
消費材Step Up点検は、生産者から製造工場などを案内され、話を聞くだけの見学会ではありません。組合員自らが点検する内容を決め、生産者への質問や意見を通じて双方で確認しあい、よりよい消費材づくりに積極的に生かしていく活動です。
わたらい一番茶 煎茶
牡蠣味調味料の場合
オンラインでも生産現場を見ることで、消費材についてもっと詳しく知ることができます。
2020年度に行なわれた消費材Step Up点検を例に、全体の流れを追ってみましょう
 STEP 1  消費材の選定・申し込み(3ヵ月前~)
組合員が点検をしたい消費材をえらび生産者に依頼、日程を調整します。オンラインで選択肢が広がりました。
 STEP 2  事前学習会(1ヵ月前~)
消費材の企画書や自主基準登録などの資料をもとに学習し、質問や当日確認したい項目などをまとめます。事前学習をしっかりすることで点検が充実します。
 STEP 3  点検当日(2020年10月14日)
本来は現地へ行き、消費材の生産現場や工程などをチェックします。
2020年度はオンラインで開催。生産者が用意した写真や動画をモニターでチェックしながら、工場内の設備や製造工程を確認しました。

 


カキは広島の9つの海域からサイズを指定せず入荷しています。

 
海でカキが育つ過程で金属などの異物を取り込む恐れが……。
むき身作業時に割れたものや規格外のサイズのものなど、無選別のカキを使っています。


 
カキをひと粒ずつ冷凍することで異物混入対策を強化!
以前はカキのむき身をブロック状に冷凍していましたが、金属探知機の感度が下がることや解凍にムラが出るなどの不具合があり、2014年からひと粒ずつ冷凍したものに改善しています。


「生活クラブオリジナルのオイスターソースをつくる」を合言葉に、根本から考えてたどりついた製造方法です。
とっても重要!【カキの目視選別】1人あたり、130㎏のカキを35~40分かけて検品。この後の工程ですりつぶしてしまうので紙やプラスチックが混入していないかチェックします。

【解凍】解凍の段階で煮すぎると、たんぱく質が固まり繊維状となったものは廃棄物となるため、たんぱく質を固めないよう工夫しています。

【すりつぶし】圧力をかけてトローッとなるまですりつぶします。

 

【蒸し煮】100℃で20分、蒸気でしっかり加熱殺菌します。
確認できたこと
砂糖は保存性を高めるために使用
砂糖を使用する理由として、砂糖は甘みをつけるためではなく、糖度を上げ保存性を高める目的で使われていることが理解できた。

国の基準に沿って正しく食品安全管理
コーミは2019年に食品安全規格「JFS-B」※を取得。びん詰めされた消費材や蒸し煮直後の微生物検査に加え、正しく殺菌できているかの検証も行なっていることが確認できた。
※国際的な食品安全管理手法「HACCP(ハサップ)」に沿って制度化された日本独自の食品安全規格。

カキの旨みを丸ごとカキエキスにうま味調味料を足した一般的なオイスターソースとは違い、本品はカキを丸ごと使用していた。まさに「カキの旨みを丸ごと味わえる」調味料になっていることがわかった。
 
 STEP 4  点検後(1ヵ月~2ヵ月後)
現地点検で確認したことや参加者一人ひとりの意見を踏まえて、報告書をまとめます。また、点検した内容を伝える広報誌を作成し、消費材の利用につながるよう活動します。

 

消費材の生産現場が丸ごとわかる広報誌が完成!
組合員の声
生活クラブ山梨 二村 崇子さん
オンラインでの点検は初めてでしたが、画像や映像を繰り返し見ることでさらに知識が深まりました。改善に向けての前向きな回答も得られ、明るい未来が見えました。消費材は完成形ではないとわかったので、この点検を生かし、よりよいものにしていきたいです。
 

 
生産者の声
コーミ株式会社 鈴木 秀明さん
わが社にとっては初めてのオンライン点検でしたが、組合員の皆さんから『十分に納得できた』といった言葉をいただきうれしく思います。皆さんからの指摘を現場にフィードバックして生産につなげていきます。今後も積極的に点検を行なっていきたいです。

2020年度はすべてオンラインで開催7品目の消費材を確かめました。

そのうち2品目を紹介します。

 
2020.9.29 たまごパン
二葉製菓株式会社
製造元:本社工場(東京都)


「たまごパン」は、原料のほとんどに生活クラブの消費材を使用した人気のお菓子です。過去に何度も消費材Step Up点検を行なっていますが、今回は初のオンライン点検。組合員は、工場内部の動画や写真資料等を見ながら、主に原材料の保管状況や製造器具類の衛生管理について生産者と確認しあいました。また、国際的な食品安全管理手法「HACCP(ハサップ)」の導入についても意見交換を行ないました。

組合員の声
生活クラブ千葉 深町 知子さん
実際に現地に足を運べば、より指摘できる部分はあっただろうと思いますが、オンラインでの点検でも気づけたことはたくさんありました。たとえば、生地の成型後に使う油の使い方や箱詰めの仕方などは改善を検討していただけるとのこと。今後に向けて実りある点検になったと思います。
 

 
2020.11.17 温州みかん
西日本ファーマーズユニオン
生産元:農事組合法人 無茶々園(愛媛県)


無茶々園の「温州みかん」は、有機質肥料を使用し、化学肥料を一切使わずに栽培されています。この栽培方法をより詳しく知りたいという組合員の声を受け、収穫期を迎えたみかん畑からオンライン中継が行なわれました。また、ITを活用した栽培管理方法や、持続可能な栽培への取組みについても説明があり、今後のみかん栽培について、組合員と生産者がともに考えるよい機会となりました。

組合員の声
生活クラブ神奈川 大久保 明美さん
生活クラブの自主基準を守りながらのみかんづくりはとても難しいと聞きますが、無茶々園の方たちは自分たちの考えを形にし、多様性を生かした農業を実践していることがわかりました。
まさに、愛媛県の中でのローカルSDGs。世界を豊かにする、未来を考える生産者を応援していきたいです。

★『生活クラブOPINION』2020年10月2回号を転載しました。
 

【2021年9月27日更新】


 
本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。