本文へジャンプする。
本ウェブサイトを利用するには、JavaScriptおよびスタイルシートを有効にする必要があります。
ここからサイト内共通メニューです。

マヨネーズ310g びん/200g チューブ

リンゴ酢・米酢、遺伝子組換えでないなたね油、新鮮な卵を原料に、化学調味料を使わずつくりました。たっぷり使えてお得なびん入りと、小容量で高齢者やお子さまも開けやすいチューブ入りがあります。どちらも品質は同じです。
 

化学調味料を使わないマヨネーズ

一般のマヨネーズと大きく違う点は、化学調味料の「グルタミン酸ナトリウム」を使っていないことです。うま味調味料などとも呼ばれるグルタミン酸ナトリウムは「調味料(アミノ酸等)」などと表記されていますが、食品添加物の一種です。塩味を感じにくくする働きもあるため塩分の過剰摂取に注意が必要です。
生活クラブのマヨネーズは、食品添加物を使わず、提携生産者の卵とリンゴ酢・米酢などの素材のよさを活かしています。

当時の常識を覆すグルタミン酸ナトリウム抜きのマヨネーズ

1976年に共同購入を開始した当初のマヨネーズには、グルタミン酸ナトリウムが入っていました。当時、マヨネーズには、食品をまろやかな味わいにするグルタミン酸ナトリウムが必要不可欠な素材となっていました。

しかし、組合員からの強い要望により、すぐに不使用品の実現のための研究がスタート。製造現場では、「冗談じゃない。何を考えているのだろう」という声まで出たとのこと。何度もテストを繰り返し、ようやく完成したのが1980年。
ですが、そのマヨネーズはお世辞にも美味しいとは言えませんでした。原因は、グルタミン酸ナトリウムを除く分、素材の味がストレートに感じられてしまうためです。

そこで、素材に注目しました。とくに、味に強く影響が出るのが酢です。酢の選定にこだわらないと、ツーンと鼻につく味になってしまいます。たどり着いたのが、私市醸造のりんご酢と米酢のブレンド。2対1という割合にもこだわり、まろやかでコクのある味わいを出せるようになりました。

卵は生活クラブたまごの卵です。卵と酢を提携生産者の原料に変えることができたのが1993年。開発から実に17年もの月日をかけて、ようやく"体にも舌にも美味しいマヨネーズ"が完成しました。

提携生産者のこだわり原料で遺伝子組み換え対策も万全

味に続いて問題となったのが、遺伝子組み換え作物の対策です。卵・酢については、提携生産者こだわりの原料をすでに使用していたためクリアすることができましたが、問題となったのが油です。そこで、油も提携生産者である米澤製油のなたね油を使用。生活クラブ専用タンクを設置し、厳重な管理を行なっています。22年かけて今の安心のマヨネーズができあがりました。
L's(エルズ)選定品

みんなで利用したいベーシックな消費材をL's(エルズ)選定消費材と呼びます。L's選定品の 「L」には「生活(Li fe)を生き生きとした(Lively)ものにする消費材を使いこなそう(Lesson )」、「' s 」には「みんなのもの」と言う意味を込めています。

L's選定消費材について詳しくはこちら

生産者情報

「調味料」の消費材一覧

消費材グループ

インターネット注文「eくらぶ」もご利用ください

パソコンやスマートフォン、タブレットから注文ができます。生活クラブ組合員の方は、まずeくらぶに登録してください(登録は無料)。
組合員でない方は、eくらぶのページの閲覧ができます(注文はできません)。


 

生活クラブをはじめませんか?

40万人が選ぶ安心食材の宅配生協です

本文ここまで。
ここから共通フッターメニューです。
共通フッターメニューここまで。